2010年05月04日

純愛ステーション


「…全てが國見さんにつながって、とても愛しく思えるんです。今までの何倍も輝いてみえて、何倍も鉄道が好きになりました」
               ……姫野舞

見た目は美少女、中身は生粋のテツ(鉄道好き)な舞の憧れは、駅員の國見さんで…?

なんともほのぼのしいお話でした。
趣味が合う恋人っていいなぁ。

ただ本編より駅長さんと國見さんのやりとりがツボでした。
というか駅長かわいい。。
でもいくら八つ当たりでもミステリのネタバレは酷いよ國見さん!

すれ違ったりしながらちょっとずつお互いの面積が広がっていく様子がとても和みました。

しかし本編といい、書き下ろしの四コマといい、國見さんは姫野にメロメロだなぁ。


*2010年読了本*

小説 53冊
ライトノベル 32冊
マンガ 14シリーズ
そのほか 0冊
映画 5本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。