2012年10月31日

ドS刑事〜風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件〜

ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件
七尾 与史
幻冬舎
売り上げランキング: 212013

「正義感だらけの刑事なんてベタすぎて虫酸が走るわ」
               ……黒井マヤ

ある火事の起きた部屋から見つかったカップルの焼死体。
美人だがどこかおかしな黒井と組んで捜査を始めた代官山だったが、それは謎の連続殺人事件の始まりで―…?

こんなのドSじゃない!と言いたくなる猟奇趣味&人格崩壊気味な黒井と、それにふりまわされるいたってまっとうな代官山による刑事もの。
まぁ最近の流行りではありますよね、ちょっと変わった刑事モノ。

ものごとの因果関係を逆にたどっていく展開はなるほどなぁ、でした。
しかしまぁ十人は運が悪かったな、と。言い掛かりもいいとこだ。

ただまぁ黒井はさすがに越えちゃいけない一線を越えすぎているので、ちょっといただけないかなぁ。
代官山にはほだされてほしくないものですが。


*2012年読了本*

小説 123冊
ライトノベル 65冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オクターバー・ガール〜螺旋の塔に導くものは〜

オクターバー・ガール 螺旋の塔に導くものは (徳間文庫)
伊藤螺子
徳間書店 (2011-09-02)
売り上げランキング: 693791

「音楽は居場所じゃなくて、居場所に連れていってくれる車なんだから」
               ……タマキ

心に響く歌を聞くとその歌の「世界」を体験できる体質のコオロギは、友人に連れられて行ったライブで同級生、シズハライサナこと静原椎奈の歌を聞き―…。

帯にはホラーでミステリと書いてあったんですが、むしろファンタジーで青春ものでした。
いい意味で期待を裏切られた。

歌が見える少年。
少女の歌に立つ螺旋の塔と、彼女とそっくりな少女。

その出会いがシイナとコオロギの閉じた世界を開いていく。
それはすごく繊細で危うい出会いで、痛みをともなう。
けれど、読後感はすごく爽やかでした。

しかしコオロギの体質、ちょっと羨ましいなぁ。
あたしも見れるなら見てみたいもんだな、と。


*2012年読了本*

小説 122冊
ライトノベル 65冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華国神記 隻眼の護り人

華国神記 - 隻眼の護り人 (C・NOVELSファンタジア)
九条 菜月
中央公論新社
売り上げランキング: 7792

「私にみんなを守らせてくれ」
               ……春蘭

後宮に召し上げられた春蘭。彼女を救う手段を求めながら鍛練しかできない仲達。
そして二人が離れたまま、再び城が族によって襲撃されるとの情報が入り―…。

最終巻。

駆け足気味ではありましたが、全部うまくおさまったのでは、と。

呪い、猩々緋の正体と目的、玄楽の望み。
春蘭の選択と、仲達の戦い。

ただまぁシリーズ全体としてキャラが多過ぎたかなーという印象。
各キャラ、もっと魅力的になりそうだったのに、表面をなぞっただけで終わったかんじで、もったいないなぁ、と。

個人的には貧乏クジひきっぱなしだった黎貴妃がなんとか幸せになってくれそうで、ほっとしました。

しかし皇帝最後まで最強だったなぁ…。
そして仲達は影が薄かったなぁ…。

*2012年読了本*

小説 121冊
ライトノベル 66冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

彼氏☆カフェ〜イケメン彼氏はじめました〜

彼氏☆カフェ イケメン彼氏はじめました。 (ルルル文庫)
みどうちん
小学館 (2012-10-26)
売り上げランキング: 10728

「俺はアラン。これから二ヶ月、お前の愛しい彼氏になる男だ」
               ……アラン

美人で才色兼備な夢子は幼少期に男子にからかわれた経験から、超のつく男嫌い。なのに、通っている女子高が共学になると聞き、トラウマ克服のため、彼氏カフェなるものに入店するが―…?

現代ファンタジーなドタバタラブコメ。

俺様かと思いきやワンコ系なアランと残念な美少女夢子のお話。
パーシヴァルがなんとも苦労症な副官でかわいそうでした(笑)

いわゆる淫魔、ただし獲物たる女の子には優しく!大事にすべし!な魔族達は、個人的にはもっとぶっ飛んでてくれてもいいくらいだったんだけど(笑)

主役二人がどっちも出来る子なのになんかズレてるタイプだったので、その暴走具合にほのぼのしてしまった。
無自覚初恋カップルってニヤニヤさせてくれますよね。

みどうさんは毎回おもしろいのにイマイチ売れてないんだよなー。
頑張ってほしいなー。

*2012年読了本*

小説 121冊
ライトノベル 65冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出のとき、修理します

思い出のとき修理します (集英社文庫)
谷 瑞恵
集英社 (2012-09-20)
売り上げランキング: 2371

「僕も、自分の時間を歩んでいけると思った」
               ……飯田秀司

明里が逃げるように引っ越した、寂れた商店街。そこにあったのは「思い出の時、修理します」のプレートと、優しい時計屋さん、小さな奇跡だった―…。

コバルトで活躍されている作家さんが一般レーベルで出されていたので、どんなもんかと思って読んでみましたが、これはとてもよかった。
優しくて柔らかくて良い連作短編集でした。

ヒロインの美容師、お相手役の時計職人、寂れた商店街、すべてが絶妙にからまって、お話ができていて。
改めてどうこう言わなくてもアカリもシュウさんも仕事にたいする愛情を感じられたし、傷ついても他人に優しく出来る二人はとても素敵な人なんだと思う。

小さな偶然がからまって、本来出会えなかった、再会できなかった人が出会えて、小さな忘れられない傷が少しだけ癒える。
そんな優しい奇跡が暖かくて。

特にコブタのぬいぐるみの話はかわいくて少し悲しくて、でもよかったです。

個人的には太一をメインにした番外編とか読んでみたいです。
彼もなんかあると思うんだよなー。


*2012年読了本*

小説 121冊
ライトノベル 64冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

二流小説家

二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
デイヴィッド・ゴードン
早川書房
売り上げランキング: 33868

「つまり、実話をもとにしたこの犯罪小説においてでさえ、さまざまな出来事をもっともらしく伝えるというのは、穴を掘ってはまたその穴を埋めるような、かなりの重労働であるということだ」
               ……ハリー・ブロック

自他共に自身を二流と認める小説家のハリー。彼はある日、一人の死刑囚からの手紙を受け取る。
それは、かつて起きた連続猟奇殺人の犯人とされる男、ダリアンであった。

エログロふんだんに散りばめられたハードボイルドサスペンス。

冴えない、お金がない、でもなぜか女にはモテるというハードボイルド小説の典型のような主人公。
前半はだらだらしたかんじでしたが、後半事件が起きてからは一度に盛り上がって。
まぁ終盤は一気でした。

なんだろうなぁ、アメリカの、華やかな社会の裏側と、さらにその奥にある闇と。
歪んでしまった人、というのはどこにでもいるのでしょうが、それでも。
彼らが健やかな方向で救いを見いだせなかったのが残念。

主人公はイマイチ最後まで気概を見せてくれなかったんですが、女性陣はなかなかでした。
特にクレアは素晴らしかった。
最後のメールは愛情に満ちててかわいかったなぁ。

*2012年読了本*

小説 120冊
ライトノベル 64冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珈琲店タレーランの事件簿


「その謎、たいへんよく挽けました」
               ……切間美星

京都の裏通りにひっそりと佇む珈琲店タレーラン。
そのバリスタである美星のいれる珈琲にみせられた「僕」は、そこに足しげく通うようになり―…。

日常の謎系連作ミステリ。
ビブリア古書堂っぽくはありますが、あちらが古書店を舞台にし、書籍を軸に物語を展開してたのに比べると、やや珈琲要素は弱め。
謎自体は珈琲絡んでないことも、ままありますし、ひねりも弱い。

でも主人公と美星のゆるゆるした恋模様はなんともかわいらしいですし、珈琲もまたおいしそう。
あと「僕」の正体については、なかなかなるほどー、でした。
そう来たか。

シリーズ化するなら読みたいですが、これはこれで綺麗に終わってるので、このまま完結でもいいかな。
おもしろかったです。

*2012年読了本*

小説 119冊
ライトノベル 64冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

ゴーストハント7 扉を開けて

ゴーストハント 7 扉を開けて (幽BOOKS)
小野不由美
メディアファクトリー
売り上げランキング: 32837

「笑顔が綺麗で、好きだったの……本当に、本当に、綺麗だったんだよ」
               ……麻衣

能登からの帰り道、突然ナルは「やっと見つけた」と言うなり、山間のキャンプ場に滞在を決めてしまう。
さらにオフィスを閉めるというナルに、混乱する麻衣達だったが―…。

第一部最終巻。

廃校で続く疾走事件と、ナルの正体。

オールキャストで伏線回収。
事件も麻衣の成長をしっかり見せ付ける形での解決と、最終巻らしい最終巻でした。

しかしSPRはいいチームになったよなぁ。
家族みたい、という言葉がぴったりな。

漫画版を読んでいたので知ってはいたけれど、麻衣の恋の結末はなんとも切なくて。
麻衣の告白のあとのナルの不器用な優しさがしみたなぁ。

本編としては、いちおうあと一作あるわけですが、そろそろ新作も読みたいなぁ。

*2012年読了本*

小説 118冊
ライトノベル 64冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

双界幻幽伝 再会は一蓮托生!

双界幻幽伝 再会は一蓮托生! (ビーズログ文庫)
木村千世
エンターブレイン
売り上げランキング: 2223

「……だからわたしは、ちゃんと蒼刻さんに助けられないと」
               ……朧月

調査に赴いていた蒼刻達。
村ぐるみで黄巾族に協力していたことがわかったものの、朧月がさらわれてしまい―…。

蒼刻さんのベタボレっぷりがよーくわかる一冊でした。

離れ離れになった二人。
助けに飛び出して行きたい蒼刻さんと、信じて待つことを決めた朧月。
いつの間にやらいいコンビになったなぁ、と。

ようやく明らかになった黄巾族の正体と狙い、さらに過去。

しかし登場人物の名前がちょいちょい三国志ネタなのでちょっとニヤついてしまう。
花守さんの本名とかね、名前だけで強そうだもんなぁ(笑)


*2012年読了本*

小説 118冊
ライトノベル 64冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

まだ恋は始まらない…

まだ恋ははじまらない…
蘇部 健一
PHP研究所
売り上げランキング: 448777

「あなたは運命というものを信じますか?」
               ……島本浩介

ある本屋で偶然に出会った二人。
ただの偶然か、運命か。
惹かれあいながらもすれ違う二人は―…。

短編の少女マンガっぽいノリだったかな。
おもしろいくらいにすれ違い続ける二人に呆れつつくすりとさせられるかんじ。

ただ期待してたようなトキメキはあんまりなかったかなー。
男女ともに、なんか頭悪そうな印象で(笑)
再会できても、長続きしなさそうだと思ってしまって。

シチュエーション的にはもうちょいワクワクできそうだったのになぁ、ちょっと残念。


*2012年読了本*

小説 118冊
ライトノベル 63冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(仮)花嫁のやんごとなき事情 離婚できなきゃ大戦争?!

(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できなきゃ大戦争!?- (ビーズログ文庫)
夕鷺かのう
エンターブレイン
売り上げランキング: 1436

「逃げません。あなたが、わたしを傷つけるはずがない」
               ……フェル

自国の姫君シレイネの身代わりとして毒龍公クロウと離婚すべく奮闘するフェル。
なかなか隙を見せないクロウに手を焼く彼女の前に、育ての親であるガウェインが現れて―…?

ナイス姑でした。
ただし姑(♂)vs花婿ですが。

院長先生がなんともかっこよくて、素敵な、義理の親で、ときめいてしまった。
血が繋がらない、さらに過去アリのオカマ最強義父ってまぁ、クロウがギリギリ嫉妬するのもやむをえないですよね。

あとフェルは限りなく周りが心配になる猪突猛進系だよなー、とつくづく。
クロウのほんのり香る程度のヤンデレでは太刀打ちできないパワーだな、と感じたり。
まぁクロウの手の上なんですけども、実際振り回されてるのはむしろクロウなのかも。

しかし、クロウもフェルもシンプルで素直なのにすれ違ってるなぁ…。
そして次巻はあのお方登場のご様子。楽しみです。

*2012年読了本*

小説 117冊
ライトノベル 63冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

幽霊伯爵の花嫁 -悪魔の罪過と忘れられた愛嬢-

幽霊伯爵の花嫁 -悪魔の罪過と忘れられた愛嬢- (ルルル文庫)
宮野 美嘉
小学館 (2012-08-24)
売り上げランキング: 25792

「その不幸を楽しむことが出来れば、それはもう、不幸ではありませんでしょう?」
               ……サアラ

アスガルド伯爵に呼ばれて、街にあふれた幽霊の調査に赴いたサアラとジェイク。
しかしジェイクが幽霊に襲われて記憶が退行してしまい―…?

今回のサアラ様はややおとなしかった、かな。
あいかわらず最強でしたがね。

親が子を忘れる、ということ。
子供以上に親にとって悲劇なのかもしれないな、と。

お金で子を売れる人もいれば、死んでしまっても子を思い続ける人もいる。
そういう意味ではサアラはまだ一人なんだよな、と思います。
彼女が子供を産んだらどうなるんだろう。

あと新キャラのギルはドSキャラに見せかけて、じつは周囲から生暖かく見守られていると見た!(笑)
しかし新キャラ含め、一癖も二癖もある女性ばかりなので、アシュリーゼ様に癒されます。


*2012年読了本*

小説 117冊
ライトノベル 62冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくら

さくら (小学館文庫)
さくら (小学館文庫)
posted with amazlet at 12.10.20
西 加奈子
小学館
売り上げランキング: 136826

「変われへんもんが、きっとあるんです」
               ……薫

年末に帰ります、父の一枚のハガキが、兄を失い破綻しつつあった家族を再び集める。
それをきっかけに過去を思い出すが―…。

家族もので、恋愛ものでもあるお話でした。
優しい母と父、人気者の兄、少し変わった妹、愛犬サクラ。かつて幸せの塊だった家族に、何が起きたのか。

前半のほのぼのとした展開から終盤な落ちっぷりが容赦なくてボーゼンでした。
狂ってしまった運命、外れた歯車を戻すことはできなくて。

子供時代の自分達の無邪気に復讐され、コントロールできない恋心に振り回され。

子供時代の繊細な描写もなんとも見事でしたが、崩壊にいたるまでのそれぞれの壊れ方もリアルで素晴らしかった。
抱えきれない哀しみと、理不尽さに満ちた世の中に。

そして、サクラによる再生に、なんともほっとさせられた。
ぎこちなく、でも確かに彼等はまた時計を進めはじめた。

また誰かとの別れがあっても、悲しい何かがあっても、この家族はきっと大丈夫だろうな、と安心できるラストシーンでした。

*2012年読了本*

小説 117冊
ライトノベル 61冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左京区七夕通東入ル

左京区七夕通東入ル (小学館文庫)
瀧羽 麻子
小学館 (2012-04-06)
売り上げランキング: 48134

「本気で好きなら全力で走らなきゃ」
               ……アリサ

京大文学部四年生、就職も決まり、順調な日常を過ごしていた花は、友人に誘われた合コンで数学科の龍彦と出会う。
今まで周りにいなかったタイプの龍彦に惹かれていく花だったが―…。

なんともほのぼのでした。
森見さん同様京大モノなんですが、まぁ普通に文系女子と理系男子の恋と日常、と言いますか。

自分のやりたいことを見つけられる人ってほんとにキラキラしてて魅力的だよねぇ、としみじみした。
そんな人達に囲まれて、立ち止まったりしながらも、ちゃんと自分を見つめて地に足つけて生きてる花がまたかわいくて。

なにより1番魅力的だったのはたっくんの友達であるところの、アンドウくんとヤマネくんがすごく素敵でした。
あれは素晴らしい。


*2012年読了本*

小説 116冊
ライトノベル 61冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 11:35| Comment(1) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング


「ただ、あの人に生きていてほしかったの」
               ……セシル

殺人床屋の都市伝説など、いつも通り相棒のジュリアンとともに、記者として働くセシル。
そんな折り、セシルは兄弟揃って、王太子妃に招かれ―…。

今回もおもしろかったです。
都市伝説や政略結婚など、事件も魅力的ながら、じりじりしか進まない二人の関係がまた。

当事者同士にしか通じない合図、言葉。
それは悲しいものでも、嬉しいものでも、絆がうむもの、なんでしょうね。

あと幕あいのダニエルが楽しい。
すごい妹バカだよね彼(笑)
兄弟仲がよくてなんともほのぼのします。

意外とちゃんとミステリしてくれてるし、謎の敵組織に関しても放置されてないし。
このままのクオリティで進んでほしいなぁ。


*2012年読了本*

小説 115冊
ライトノベル 61冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

要介護探偵の事件簿

要介護探偵の事件簿
要介護探偵の事件簿
posted with amazlet at 12.10.17
中山 七里
宝島社
売り上げランキング: 316453

「本気を出すのを嫌がる奴らは、きっと裸の自分をさらけ出すのが怖いんやろうな。しかしな、どんな馬鹿らしいことにも全力で向かっていけば裸の自分以外にもっと色んなものが見えてくる」
               ……香月玄太郎

下半身不随で車椅子生活、要介護の老人、香月玄太郎。
権力も負けん気も気力も正義感も人一倍の彼は、ふりかかった事件を解決してゆく。

連作ミステリ。
で、あまり直接は繋がっていませんが、さよならドビュッシーの前日譚です。

車椅子ながら誰よりもパワフルで生き生きとしている玄太郎に力をもらえるお話でした。
またそれに寄り添う介護師が、プロでありながら優しくて。

一方で、偉大な先達や欲望につぶされそうになったがゆえの、罪の数々。
それになんとも言えない気持ちになり。
他人だと眩しいだけだけど、身内だと辛いものがあるんだろうなぁ。

しかし、ラストシーン、切ない。
この話がやりきれない理不尽さと、それにぶつかる前向きなパワーを感じられるお話だっただけに、切ないやら悲しいやら。
ここから悲劇が始まったのだなぁ…。


*2012年読了本*

小説 115冊
ライトノベル 60冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

身代わり伯爵の婚前旅行III ひみつの誕生日大作戦

身代わり伯爵の婚前旅行    III ひみつの誕生日大作戦 (角川ビーンズ文庫)
清家 未森
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-09-29)
売り上げランキング: 1341

「それで結構。ぼくが本気でつぶそうとしている時だけ気にしてください」
               ……フレッド

国宝が盗まれたことに責任を感じながらも、リヒャルトの誕生日にむけて、祝いの準備を進めるミレーユ。しかし彼女を狙う影が迫っていて―…。

はー、今回も甘いやら甘いやら甘いやら(笑)
なんかなんにも知らないお嬢さんを悪い男がそそのかしているようにすらたまに見えるぞ。

お誕生日準備やら盗まれた宝石やら、不穏な影ばかりのアルテマリス王宮。
主人公サイドはまぁほのぼのしてはいるんですけどね。

しかし、あれだ、お誕生日前に最愛の恋人を拉致られたらリヒャルトがマジギレしかねないけど、犯人二人大丈夫かね。。
ロジオンがそばにいて未遂に終わっていればいいけど(笑)

さて、シュバイツァはアルテマリスと同じことが起きているのか、違うのか。
しかしまぁ、そろそろシリーズも終わりかなー。

*2012年読了本*

小説 114冊
ライトノベル 60冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

11月の購入予定

購入予定コミックス
11/05 恋だの愛だの5/辻田りり子(白泉社)
11/05 きゃらめるBOY3(完)/森生まさみ(白泉社)
11/09 とらねこフォークロア5/東まゆみ(マッグガーデン)
11/09 すみっこの空さん3/たなかのか(マッグガーデン)
11/16 ましろのおと7/羅川真里茂(講談社)
11/20 LOVE SO LIFE11/こうち楓(白泉社)
11/20 ただいまのうた5/ふじもとゆうき(白泉社)
11/22 歌うたいの黒うさぎ2/石井まゆみ(集英社)
11/22 妖狐×僕SS8/藤原ここあ(スクウェア・エニックス)
11/26 黎明のアルカナ11/藤間麗(小学館)
11/27 PandoraHearts19/望月淳(スクウェア・エニックス)


購入予定文庫
11/01 首の姫と首なし騎士 華麗なる背信者/睦月けい(ビーンズ文庫)
11/01 求婚許可証いりませんか?/榎木洋子(コバルト文庫)
11/06 一鬼夜行 枯れずの鬼灯/小松エメル(ポプラ文庫ピュアフル)
11/15 暁の姫(仮)/瑞山いつき(ビーズログ文庫)
11/27 幽霊伯爵(6)/(ルルル文庫)
11/27 未定/宇津田晴(ルルル文庫)

posted by ASKA at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕貫探偵、残業中

腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)
西澤 保彦
実業之日本社 (2012-06-05)
売り上げランキング: 7006

「いいえ。全然。あくまでもプライベートの時間内でしたから」
               ……腕貫

櫃洗市の市民サービス課、通称「腕貫」は、業務時間外も多忙。料理に舌鼓をうちながらも、持ち込まれる相談に真相を示すのだった。

腕貫探偵続編。
相変わらずの名安楽椅子探偵っぷりに、少しだけ人間味も加わってなかなかでした。

ヒロインであるところの、女子大生ユリエさん参戦でにぎやかさはアップ。
ただこのユリエさん、ちょっとガサツすぎてちょっと残念でしたが(笑)

事件としてはやるせないものが多かったかな。
特に写真の謎は、誰が亡くなったでもないけど、後味はよくはなかったなぁ。

利己的な人間というのは悲劇を周囲に撒き散らすものだなぁ、と。
つくづくため息です。


*2012年読了本*

小説 114冊
ライトノベル 59冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

ゴーストハント6 海から来るもの

ゴーストハント6 海からくるもの (幽BOOKS)
小野不由美
メディアファクトリー
売り上げランキング: 55836

「……よりによって、ナルでなくてもよろしいのに」
「……まったく」
               ……真砂子&麻衣

代替わりのたびに変事が起きるという吉見家。
その調査のただ中にナルが霊に憑依されてしまい―…?

おこぶ様より幽霊よりナル様である。
ナル様にかかれば神様ですらカタナシなのかマジ恐ろしい。

ナルぬきでの調査は、その攻撃性の高さも相まってなんとも不安に駆られてしまいます。
ウラドとは違った意味で、映像化した際には恐そうです。
特に夜の襲撃はヤバイ。
肉体的ダメージはこの話が1番ヤバイんですよね。
ぼーさん大人ー、とつくづく思う話であり、やはり安原さんタダ者じゃないな、と思う話でもある。

でもこの巻の、特に起き上がってからのナルってすごく人間らしいんですよね。
たいていナルは淡々と冷静だから、プライドずたずたにされてマジ切れするナルはけっこう新鮮。

さて、次は最終巻です。

*2012年読了本*

小説 113冊
ライトノベル 59冊
マンガ 27シリーズ
そのほか 2冊
映画 2本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。