2012年03月31日

鏡ヶ原遺聞 姫神の裔と鏡の伝説

姫神の裔と鏡の伝説 - 鏡ヶ原遺聞 参ノ巻 (C・NOVELSファンタジア)
天堂 里砂
中央公論新社
売り上げランキング: 210934

「しかし、変わりたいと思うなら――自分のしでかしたことをすべて受け入れて、前へと進む勇気があるのなら、山を下りろ」
               ……慈英

人魚にさらわれた秀一。彼女は大切な伴侶を殺した仇を探しているといい…?

最終巻。
徐々におもしろくなっていったなぁ、という感じでした。
この巻は特によかった。

神宮寺の過去、カガミと姫神の関わり。
それらが悲しくも暖かくて。
悲劇ではあるんだけれど、希望がちゃんとあるというか。

人に見えないものが見える。だから嘘をついて、誰にも心を許さないで。
そう生きてきた秀一が初めて心を開いた人達。
彼等は血のつながりに関係なく、家族であり、仲間なんだな、と。
だから踏み込める。

あと妖怪達がまたかわいくて。
特にイモリとこだまは反則にかわいかった…!

誰かに愛されたり、愛したり。
そんな当たり前が、当たり前でないこともある。
誰かを傷つけることもある。
すれ違って、見えなくなることもある。
それでも人と関わるって素敵だなと思えるシリーズでした。

あとこの表紙&挿絵の絵師さんすごく好みです。
めっちゃキレイでかわいい。


*2012年読了本*

小説 35冊
ライトノベル 13冊
マンガ 13シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

プリティが多すぎる

プリティが多すぎる
プリティが多すぎる
posted with amazlet at 12.03.31
大崎 梢
文藝春秋
売り上げランキング: 128343

「なんでも本気で取り組んでこそ、見えてくるものがあるんでしょうね」
               ……新見

大手出版社若手編集者の新見。文芸志望の彼の異動先はまさかの中学生向け少女ファッション誌で…?!

お仕事小説。主人公はわりと最後までダメっ子だったけれど、話はおもしろかった。

ほんとはこんなことやりたいわけじゃないのに!なんで俺が!みたいなのって若手ならではの仕事への不満な気がします。
それを爆発させっぱなしの主人公ですが、周囲の女性陣、脇キャラが魅力的でした。
自分の仕事が好きで誇りをもってやっているからこそ、キラキラしたものが作れるんだよなあ、と。
それは百パーセント望んだ形ではなくても、生半可にやりすごそうとしているわけではないからこそ、なんだな、と。

ピピモ達の可愛さの裏側にあるたくさんの涙になんだかじんわりしました。
華やかながら泥臭く、けれど潔い姿は、かっこいいながらも、芸能界に入った段階で子供は子供のままでいられないんだな、とも思わされました。


*2012年読了本*

小説 35冊
ライトノベル 12冊
マンガ 13シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 19:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

魔法書の姫は恋をする 永遠の誓い

魔法書の姫は恋をする  永遠の証 (角川ビーンズ文庫)
薙野 ゆいら
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-01-31)
売り上げランキング: 153858

「自分の好きな本を守るのは当たり前。はらわたが煮えくりかえるほど憎い本でも守ってこそ、〈闇の書庫〉か…」
               ……ハロルド

夏休みが終わり、ランダルベリーでの生活を再開させたソフィア達。アレクシスへの気持ちに戸惑うソフィアだったが、留学生のルーカスが現れたことで事態が大きく動き―…?

最終巻。
ブラコン&天然要素はかなーり薄くなってます。

闇の書庫vs黄昏の処刑者、最終決戦、ということで。
あちこちで撒かれたり撒かれなかったりな伏線が回収です。
黄昏の処刑者の狙い、真書の成立、シリルの過去。

たとえ誤りとわかっていようと、不愉快な内容だろうと、それが本である以上収めるのが図書館であり、司書である、というスタンスはよいなぁ、と思います。

主役二人よりシリルやフィンレイが濃くておもしろかった。
特にフィンレイは真正だし…でもきっとネリーには頭が上がらないんだろうなあ(笑)
あとリコスの計算された可愛さは卑怯だ。なにあの生き物一匹ほしい!

しかし戦う図書館員という単語に図書館戦争が読みたくなりました。夏の映画公開までに読み返したいなぁ。


*2012年読了本*

小説 34冊
ライトノベル 12冊
マンガ 13シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

午後からはワニ日和

午後からはワニ日和 (文春文庫)
似鳥 鶏
文藝春秋 (2012-03-09)
売り上げランキング: 44443

「それなら、僕が飼育員になって仕事を頑張ればいいじゃないか、って思った。自分が頑張れば頑張るほど動物園の役目はしっかり果たせるんだし、動物たちが快適に暮らせるようにもなる」
               ……桃本

閉園間際の動物園から盗まれた一頭のイリエワニ。脅迫でもなく、金銭目的とも考えにくいそれに、飼育員のモモ達は調査に乗り出すが…。

一見平和に見えて、ほどよくブラックな真相、は変わらず。
似鳥さんの文体は不意打ちでくるからザックリ刺さります。

人畜無害そうな無自覚タラシ、というのは別シリーズと似てるかな。
七森さんもかわいいけど、個人的には鴇先生派。
でも一番は園長かな。とんだクセ者だわ。

平和の象徴ともいえる動物園の裏側。
飼育員の責任と重み。
動物達の命の価値。
人間のエゴ。

動物を平気で傷つける人間は人間も平気で傷つけられるのだろうな、と思わされてしまった。
人間も動物も同じ命である、というのは現代社会では理想論でしかないのですが、気持ちの上でくらいはそう思っていたいものです。


*2012年読了本*

小説 34冊
ライトノベル 11冊
マンガ 13シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

ちょっと江戸まで 全6巻

ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)
津田 雅美
白泉社 (2011-11-04)

「わしはただわしのままであるだけよ」
               ……廸聖

維新の起きなかった日本国。
幕府の統治下で平和な日々の続く世の中で、江戸の町にやってきた旗本の庶子、ソウビだったが…。

ゆる系お江戸もの。
時代ものですが西暦二千年代というパロディ設定なお話なので、純粋な時代もの、ではなかったかな。

ソウビと貴旺のタラシっぷりと、ぼっちゃんの最強っぷりがなんとも爽快でした。

ちょいちょいシリアスな要素は入るものの、あくまでのほほんと話は進みます。
ぼっちゃまが大物で、超強力な幸運の星のもとに生まれてるので、たいていの困難は困難になりきれないという。

なんとも和み系でした。おもしろかった。



*2012年読了本*

小説 33冊
ライトノベル 11冊
マンガ 13シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

リミット 全6巻


「…もう絶対、絶対にだれひとりも死なせないから…!」
               ……今野水希

楽しいはずの課外学習に向かう途中で発生した転落事故。平穏な日常は破られ、少女達は極限のサバイバル生活へ放り込まれる―…。

重くて辛い話でした。
装備もなしに森の中で救助を待つ、しかもたった高校生数人で、という。
疑心暗鬼になり、怯え、追い詰められていく様は痛々しかった。
最後が笑顔でほんとよかった。

家族や友達、好きな人や自分。
うまくいっていても、いっていなくても、鬱屈した何かを抱えているもので。

極限に追い込まれたことであらわになる弱い部分、醜い部分が、リアルであり戯画的でもあって怖くて。
どうなるのかとほんとうにハラハラしました。

誰も決定的な悪人なんていなかった。
守繁ですら、ただ怯えて身を守ろうとしていたにすぎないように思います。

過酷であってもただ生きたいと望むこと、その難しさ。
けれど生の輝きはまたかけがえのないもの。
ハルの奇跡は嬉しかったなぁ。

リミット(3) (講談社コミックスフレンド B)
すえのぶ けいこ
講談社 (2010-11-12)



*2012年読了本*

小説 33冊
ライトノベル 11冊
マンガ 12シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

夏天の虹

夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
高田 郁
角川春樹事務所 (2012-03-15)
売り上げランキング: 85

「良いか、澪。その道を行くと決めた以上、もはや迷うな」
               ……小松原

料理人として生きるか、女性として生きるか。岐路に立たされた澪が選んだ道とは―…。

この展開はあんまりだ…。
過酷すぎる…。

澪にとって大切な二人の男性との別れ。
料理、という意味で彼女と共に立ち、時に導いてくれた二人がこんなにいきなり澪の前から消えようとは…。
特に又次は…澪もだけど野江の気持ちを思うと悲しすぎる。

個々の話やキャラクターのあったかさが変わらないだけに、みんなでのんびりしてた頃が懐かしいやらなんやら。。
恋もなぁ、たぶん手放すと決めた以上、そうたやすくは取り戻せないだろうしなぁ。

料理は相変わらずおいしそうで至福でした。
和食って素敵だなぁとしみじみ思います。


*2012年読了本*

小説 33冊
ライトノベル 11冊
マンガ 11シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

昼寝の神様

昼寝の神様
昼寝の神様
posted with amazlet at 12.03.30
松尾 佑一
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 454366

「大切なもの、ふたつも三つも僕にはいらない。ひとつでいい」
               ……昼寝の神様

日本におわす八百万の神、その一柱である昼寝の神は神無月に出かけた出雲で和式トイレの女神と会う。
時代の流れで力を失いつつある彼女に一目惚れした彼は―…。

神様によるほのぼのファンタジー。

あんまり大阪っぽくないけど地名やらなんやらは大阪でニヤニヤした。
セラミックスのお膝元とか懐かしくて笑ってしまった(笑)

全体的にゆるゆるでのんびりした雰囲気。
和式トイレの女神にしても悲痛さがあんまりなくって、でもまぁ神様なんだからこれくらい浮世離れしててもおかしくないかぁ、と。
脇キャラ陣が地味に個性的でよかった。
地元だからというわけではないけど、セラミックスがお気に入りでした。

視点がころころ変わるのについてくのが大変だったのと、各キャラがもっと活躍してくれればよかったかなぁ、と思います。

しかし昼寝の神様、いるなら私にはちょっと加護を与えすぎじゃないかな(笑)


*2012年読了本*

小説 33冊
ライトノベル 11冊
マンガ 11シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

蛟堂報復録

蛟堂報復録〈1〉 (アルファポリス文庫)
鈴木 麻純
アルファポリス
売り上げランキング: 23512

「地獄の沙汰も金次第。業を負う覚悟と、支払う金があるのなら……その恨み、蛟堂が晴らしましょう」
               ……三輪辰史

人の恨みを晴らす報復屋。そこに持ち込まれる依頼、そしてその顛末とは…。

ダークファンタジーというか、ホラーというか。
どの話も後味はごく悪〜いものでした。
被害者も加害者も全然救われないというか。

人を呪わば穴二つと言いますか、どっちも幸せになれないんですよね。
加害者というかターゲットはどいつもこいつも、こりゃ救われないなぁ、などうしようもない人達ばかりなんですが、でもあんまりじゃないか?と。
清姫のはさておき、残り二つは対象者が若いだけになぁ。

古典をモチーフにしているけれどそれらに対してネガティブな解釈を与えることで物語を暗い重いものにしている。
ピノキオやかぐや姫がこうなるとはなぁ…。


*2012年読了本*

小説 32冊
ライトノベル 11冊
マンガ 11シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

コワイロヘンゲ

コワイロヘンゲ (花とゆめCOMICS)
モリエサトシ
白泉社 (2012-03-19)

「俺はこの声ひとつで誰の代わりにもなれるんだ」
               ……鳥声

誰の声でも真似を出来る鳥声。その能力で伝えられなかった言葉を紡ぐ彼だったが…。

モリエサトシさんはやっぱりいいなぁ…雰囲気と世界観、なにより見せ方がすごく好きです。

ハッピーエンドではない、すこし寂しさをはらんだ暖かな結末。
孤独と寄り添うことの温もりがすごくいいなぁ、と思います。

声を真似ることで伝えられる想い、それでも完全には成り代われない本物の存在。
ただ、鳥声のそばにはまだらがいて、だから決して孤独ではなくて。

エピソードの色はさまざまですが、ほのぼのあったかい気持ちになれるお話でした。


*2012年読了本*

小説 31冊
ライトノベル 11冊
マンガ 11シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

RDG4〜世界遺産の少女〜

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)
荻原 規子
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 6258

「さあな、わたしが神ではないという保証はどこにもないようだぞ。神とはいったいどういうものだ」
               ……姫神

夏休みを終え、文化祭の準備に慌ただしい鳳城学園。
学園の立つ場所での戦国時代の歴史を調べることになった執行部員達だったが…。

恋模様に動きがあるかと思いきや姫神の謎が大きく進展、でした。
いや、深まったのか?

高柳の企み、真響の願い、生徒会それぞれの想い。
そういったものに対抗できるほどの何かっていうのは、まだ泉水子にはないんだなぁ、とつくづく感じました。

変わろうとする泉水子の姿は立派なんだけど、ちょっと無防備すぎて心配になる。
良くも悪くも自分の価値に無頓着な彼女が、想いを自覚し、自分が特別であることと、同じくらい普通の女の子であることをわかってくれればなぁ。


*2012年読了本*

小説 31冊
ライトノベル 11冊
マンガ 10シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あやかし江戸物語 異国の王子の恋愛指南!?

あやかし江戸物語  異国の王子の恋愛指南!? (角川ビーンズ文庫)
伊藤 たつき
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-01-31)
売り上げランキング: 144046

「そうしたら、今のわたしには何ができるんだろう」
               ……みこ

諒影を退け、江戸城で療養するみこ。
神通力を失いはしたものの、穏やかな日々を送る面々だったが、グレートブリテン国の王子が現れ―…。

新章突入。
やっぱり二海ルートなのかなぁ、家密がいいなぁ…。彼の方が寂しくて険しい道を行っている気がするので。。

小学生以下だったみこにようやく恋愛とは!男女とは!を教える人が現れ、最後にはとうとう恋心みたいなものまで…あのみこがここまで、と感慨深いやらなんやら。
いちゃいちゃできなくなったと嘆く狼兄弟はまぁかわいそうですが、必要な試練だ、ということで。
曖昧なまま終わらなさそうだったものなぁ。

しかし空三と信津名がいい仕事しすぎてて好きでしかたないです。
今回はとくに信津名がよかったなぁ。
見事なまでの忠犬っぷりでした。


*2012年読了本*

小説 29冊
ライトノベル 11冊
マンガ 10シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

箱庭図書館

箱庭図書館
箱庭図書館
posted with amazlet at 12.03.21
乙一
集英社
売り上げランキング: 90449

「子供達、こういう夢を、見たのかもしれませんね。子供達だけの国。大人が入れない王国の夢を」
               ……小野早苗

読者投稿を乙一がリメイクした短編集。

白とも黒ともつかないグレーなかんじで、ちょっとキレ味は鈍いかなぁ、と。
とは言え、リメイク前がどんなだったかまだ読んでいないのですが、どれもしっかり乙一色に染まっていておもしろいなぁと思いました。

どっか人として大事な部分が欠けてるかんじの人達が主人公なのはほぼ全作品。
その欠落感が若いなぁ、と。

好きだったのは雪の話かなぁ。で出会うはずのない二人が出会って、ささやかな、ほんとうにささやかな奇跡が起きて。
何が変わるわけでもないけれど、未来に繋がるでもないけれど、そんな奇跡も素敵だなぁ、と。

青春絶縁体の甘酸っぱさや、小説家の作り方のブラックさ、鍵穴の話のグロさ。
多種多様なお話が読めてちょっとお得?なかんじでした。


*2012年読了本*

小説 29冊
ライトノベル 10冊
マンガ 10シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

海馬亭通信2

(P[む]1−6)海馬亭通信2 (ポプラ文庫ピュアフル)
村山 早紀
ポプラ社 (2012-03-06)
売り上げランキング: 23843

「わたしが生きて、笑顔で暮らしていることが、わたしが大好きなみんなの幸せだったんだって」
               ……安曇景

海馬亭で暮らす山の神の娘の由布。不思議に満ちた彼女が残した数通の手紙を読んだ景が出会ったのは―…。

2巻というよりは後編、かな。
由布のストーリーはお伽話的で少し寂しさを伴ったもの、景の話は暖かい優しさに満ちた再生のお話でした。

妖怪も幽霊も吸血鬼も宇宙人も、なにがいたっておかしくない、みんなわかりあえる、そんな風早の町が素敵だなぁ、とつくづくしみじみします。
違う時の流れ、違うルールで生きるものっていうのはたしかにいて。
でも心を通い合わせられる、友達になれるんだなーと。

個人的には、景にとって必要な答えがちゃんと景の中にあったのが一番ほっとしたかな。
ご両親が、おばあさんがきちんと愛情をそそいでいたからこそ、だよなぁ、と。


*2012年読了本*

小説 28冊
ライトノベル 10冊
マンガ 10シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン
有川 浩
新潮社
売り上げランキング: 15596

「人生で特別に大事な場所にいるその人たちを救うことができないなら、僕が人の秘密を暴いてしまう力を持って生まれてきた意味なんて何一つないじゃないか」
               ……真也

物に宿った持ち主の気持ちや記憶が見えてしまう能力を持った真也。編集者である彼は、同僚の父親に会うことになるのだが…。

真也の設定と、カオルの存在だけが同じの2編を収録した、ストーリーセラーっぽい構成です。

個人的には後半の話の方が好きかなぁ。前半の仕掛けや親世代の不器用さも好きなんですが、後半での父親のなんとも言えないダメさが有川さんらしいなぁ、と。

見えるからって何ができるでもない。
ただ少し器用に生きられるだけ。
そう自分の価値を低く見ている彼が、カオルに対して感じている歯がゆさは、多分カオルから真也への思いと似てるんじゃないかな。

そんな彼が好きな女の子のためになんとか父親との間をとりもとうと奔走する様は、カオルは幸せモンだなぁ、と思わせてくれるくらいに微笑ましい。


*2012年読了本*

小説 27冊
ライトノベル 10冊
マンガ 10シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

ヴァーリアの花婿

ヴァーリアの花婿 (花とゆめCOMICS)
あきづき空太
白泉社 (2012-03-05)

「だから会いに来たのよ、私のけじめよ!」
               ……ヴァーリア

本当の婚約者ジルが家出したまま音信不通のため、彼の弟ルセルと結婚することになったヴァーリア。
結婚の前に彼と会いたいと婚約者を探す旅に出た彼女だったが…。

短編集。
よいファンタジーだらけでした。
あきづきさんが描く世界観は爽やかで綺麗だなぁ。
誰かを好きだ!ってまっすぐな気持ちの綺麗さ。世界のみずみずしさ。

ヴァーリアもよかったし、竜の話も切ないのに暖かくてよかった。
お気に入りは雪の話。
雪の夜に相応しい、静かだけれどキレイな、ちょっとだけ切なくて、あったかい話でした。
二人のこれからは苦労もするかもしれないけど、きっと幸せなんだろうな。


*2012年読了本*

小説 26冊
ライトノベル 10冊
マンガ 10シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

鳥籠の王女と教育係〜恵みの環の花嫁〜


「あなたは、しあわせは掴むものだと?」
「感じるもの、でしょうか。日々の暮らしとか、あなたと笑い合うとか、そういうささやかなことに」
               ……ゼルイーク&エルレイン

隣国との戦争が始まった。アレクセルとゼルイークの無事を祈るしかできないエルレインだったが―…。

最終巻。
最後まで運命…というより他者、かな?に、翻弄されたカップルでした。

いいシリーズでした。
ベースのシリアスと日常の軽快さがすごくよいバランスで楽しめた。

というか脇役達が良すぎた。特にアレクセル!
彼の株の上がり具合、ハンパなかった。
すごいいい男だったー。
アホなんだけど愛すべき人すぎて、いい人すぎて後半フラれてから切なくてしょうがなかった。
リオとのカップルはあんまりあんまりだったんだけど、殿下が幸せならそれでよい。

呪われた王女と呪われた魔法使い。
自分が自由にできないことだけでなく、他人を傷つけることに、他人を守れないことに嘆く人たち。
魔法と魔王、失われつつある力、誰かを救うも、誰かを傷つけるもできる力。
誰かとともに生きる、というのは難しくても何を犠牲にしてでも手に入れたい幸せなんだなぁ、としみじみ痛感しました。

途中からケンカップルでなくバカップルと化してましたが、よいファンタジーでした。


*2012年読了本*

小説 26冊
ライトノベル 10冊
マンガ 9シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

妖怪アパートの幽雅な日常7

妖怪アパートの幽雅な日常7 (講談社文庫)
香月 日輪
講談社 (2012-02-15)
売り上げランキング: 1287

「夕士くんは、これからももっともっといっぱい勉強してね。いっぱいいろんなことを勉強して、世界を広げていってね」
               ……まり子

三月、卒業の季節。
秋音や先輩たちの転機を目にした夕士は―…。

七巻。
物語としてはようやく、夕士が動いたな、と。
いやぁ、そっちの道を選ぶとは、正直意外だった。

千晶大活躍ではあったんですが、まぁ千晶も好きなんですが、今回印象的だったのは、まり子さんだったかな。
彼女の過去よりも、夕士への言葉が、自分はやり直せないからこその託すようなものだったことにはっとさせられた。
妖怪や霊能者達はさておき、彼女やクリは幽霊で、どれだけ楽しく、どれだけ存在感があっても、未来のない存在なんだ、と。

オタク云々やら常識どうこうといった作者の哲学的なものはいい加減なんだかなぁ、なかんじではあるんですが(誰かをおとしめて誰かをあげるやり方が好きでないので…)、こういうエピソードにははっとさせられるからこのシリーズやめられないんだよなぁ。。

夕士の選択はひょっとすると無意味な何かかもしれない。
でも、自分のために、何かをやりたいって気持ちは決して悪いものでないから、大事にしてほしいなぁ。


*2012年読了本*

小説 26冊
ライトノベル 9冊
マンガ 9シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

マイ・ブルー・ヘブン


「幸せを噛み締めて、そうではない人のために何が出来るか。何も出来ないまでもどう生きるべきか」
               ……堀田草平

子爵の父から託された秘密文書を抱え伊豆に向かおうとしていたサチを助けた青年、勘一。
彼の助けで東京バンドワゴンに身を隠すことにするが―…。

東京バンドワゴンシリーズの前日譚といいますか、勘一とサチの出会いのお話。

時代こそ違いますが、バンドワゴンらしい人情話でした。
袖すりあうも多生の縁、といいますか。

戦後すぐ、復興へ向かう日本。
日本を守ろうとする人、そんな人達を支え守ろうとする人達。
新しく生まれ変わる国で、動くたくさんの意志、欲望。

悪意ある人がいないわけではないけれど、善意にあふれたお話がとても優しいなぁ、と思う。
草平さんがすごく好きなタイプでした。勘一さんと似てなさすぎてビックリ。紺は曾祖父似だったのか。

マリアやジョーがとても魅力的だったので、このメンバーの話もまた読みたいなぁ。


*2012年読了本*

小説 25冊
ライトノベル 9冊
マンガ 9シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

世界記憶コンクール

世界記憶コンクール (ミステリ・フロンティア)
三木 笙子
東京創元社
売り上げランキング: 37774

「昔は思い出すたびに頭を抱えて転げ回っていたことでも、今になると馬鹿だったなと苦笑するだけですむようになることもありますね。長い年月を重ねることの有難さです」
               ……基博

絶大な人気を誇る画家の礼と彼と懇意な記者の高広。二人の出会いや高広の父基弘の物語も収録した第二弾。

明治を舞台にした連作ミステリ、第二弾。

「世界記憶コンクール」の裏に隠された謎、高広の父基弘の若かりし頃のある事件、前作の犯人だった天才美術少年のその後、礼と出会う直前の高広が出会った事件。
以上、四編が収録されています。

個人的には最後のお話が、前作の人魚は空に還ると似たかんじで好きだったかなぁ。
やるせなさの中の一筋の救い。
根っこにある善意と優しさ。

あと氷のような女、はなんとも最後のオチあたりがほのぼのでした。
高広の実家連中ってみんな若干のんびりしてるかに見える。それは良い意味での育ちの良さなのかなぁ、と。
でも人の気持ちにはちゃんと敏感だから周囲を引き付けるのかな、と。

誰かに優しくしたくなるミステリだなぁ、と思います。
やっぱりこのシリーズ好きです。


*2012年読了本*

小説 24冊
ライトノベル 9冊
マンガ 9シリーズ
そのほか 1冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。