2012年02月29日

燈港メリーローズ 全3巻


『私が過ごした燈港はオーガストのいる燈港だったんだな』
               ……アゼリア

恋人を探してアジアの貿易港、燈港を訪れたアゼリア。
そこで出会ったオーガストは一見親切な好青年だったが…?

西と東、成功と没落、光と影の入り混じる町での出会いのお話。
イメージとしては香港かシンガポール、かな。

身をなげうち、汚れたことをしてでも人を救うオーガストと、まっすぐなお嬢様アゼリア。
二人の出会いと交流がなんとも暖かくて優しかった。

ラストも完全なハッピーエンドでない、でも幸せな未来であることがなんともこのお話らしくて。
なんとも気持ちのよいお話でした。




*2012年読了本*

小説 19冊
ライトノベル 7冊
マンガ 9シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

龍神の雨

龍神の雨 (新潮文庫)
龍神の雨 (新潮文庫)
posted with amazlet at 12.03.07
道尾 秀介
新潮社 (2012-01-28)
売り上げランキング: 4131

「戻って、もう少しいっしょにいよう?」
               ……添木田楓

血の繋がらない親との関係に悩む二組の兄弟。殺意は嵐の夜に溢れだし、彼らは闇に囚われる―…。

長編ミステリ。
今回もしっかりだまされました。道尾さんはやっぱり巧いなぁ。

再婚した矢先に実の親が亡くなって、『他人』と『家族』として暮らすことになった兄弟二組が主人公。

対話の大切さ、こじれた関係の修復の困難さ、それによる悲劇。
すぐそばに悪意が口を開けている時代だからこそ、誰かを信じることがとても難しくて。

でも、唯一の救いは最初から最後まで兄弟同士はお互いを大事に思っていたことかな、と思います。
たった一人、孤独ではなかったこと。
暗く重い物語を、ただ不幸なだけでない、悲劇だけれど救いを感じさせてくれたのかなぁ、と。

ラストどうなったか、は、想像するしかない。
けれど彼らは罪を告白した上で償う道を選ぶのでは、と思う。
それがどれほど過酷でも。

願わくば、彼らの雨が止んで穏やかな暮らしを送れる日が早く来ますように。

しかし解説の読み込み具合はすばらしい。なるほどなぁ。


*2012年読了本*

小説 19冊
ライトノベル 7冊
マンガ 8シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)
大沼紀子
ポプラ社 (2012-02-03)
売り上げランキング: 1168

「間違った傘でもいいと思う。なんの手も差し延べられない絶望よりはずっといい」
               ……美和子

深夜営業のパン屋、ブランジェリークレバヤシ。
いびつながらもうまく巡りはじめた希美、弘基、暮林だったが、そこに弘基の元カノ、佳乃が転がり込んできて…?

サブタイトルのわりに主役三人の恋愛模様はほぼなし。
といっても斑目氏を筆頭に恋愛…というより人を好きになる、ということも今作の大きなテーマではあったようだけれど。
ただ、ほのめかされた希美の矢印の向きは意外だったなぁ。

結婚詐欺、かつての恋、親の離婚、転落と裏切り。
負の連鎖によって苦しんだ人達が、善意の連なりによって救われたり、誰かを救ったりする姿はやっぱり素敵で。
それこそ焼きたてのパンのようにふっくらとあったかい。

最後の暮林の約束には胸が温かくなった。誰かと一緒にいるってそれだけで幸せなことなのかもなぁ、と。
あの約束、美和子も喜んでるんじゃないかなぁ。


*2012年読了本*

小説 18冊
ライトノベル 7冊
マンガ 8シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

戸村飯店青春100連発

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
瀬尾 まいこ
文藝春秋 (2012-01-04)
売り上げランキング: 4064

「そうやって、小松菜のこと考えるみたいに自分のことも考えたらいいんだよ」
               ……容子

戸村飯店の二人兄弟、ヘイスケとコウスケ。スマートでモテる兄に対して絵に書いたような大阪人な弟。あまり仲の良くない二人だったが、卒業を機にヘイスケは家を出て―…。

このノリなんとも懐かしいというかこってこての大阪人ってこうやよな〜、な大阪パートと、東京に出てきたくらいってそんなかんじやったなぁ、な東京パートでどちらもほのぼのさせていただきました。

コウスケは最初から愛すべきアホでしたが、ヘイスケは実はほんまは〜ってのがわかったあたりで一気に愛しくなった。
兄弟ってたしかにこう、近すぎて本質が見えないトコがあるのかも、と。

たぶん大阪って他の土地以上に、地元ってものが染み付きやすい町なのかもなぁ。
これが大阪や!みたいなステレオタイプが今もけっこう居る町だし。

しかし新喜劇を筆頭に大阪の人にしかわからなさそうな小ネタ大ネタが山とあったけれど、この本、大阪人以外にわかるのかなぁ?(笑)


*2012年読了本*

小説 18冊
ライトノベル 7冊
マンガ 8シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はちみつとバタフライ


「そーだよ、いっつもそばで見てるもん」
               ……リタ

職人と、職人を支えるプロップマン。さまざまな職人達が暮らす町で彼らが繰り広げるドラマ。

どれもほのぼの可愛かったです。
特に人形師の話が可愛かったかな。
カップルとしては香水職人、お相手役としては指輪職人の話が好き。

一生懸命働く女の子はかわいい。
それを支え、見守る男ってのもよい。

どの話も最後には画面から幸せオーラが出てきそうで、とても和みました。


*2012年読了本*

小説 17冊
ライトノベル 7冊
マンガ 8シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

歩くんの○○な日々 全2巻

歩くんの○○な日々(2)完 (アヴァルスコミックス)
鈴木有布子
マッグガーデン (2012-02-15)

「10年後もその先もみんなでこうやって流れ星見たこと、覚えてられればいいなあ」
               ……按奈

金持ち優秀万能イケメン、ただしド変人な会長勇馬を筆頭に、個性的な人間揃いの生徒会。
その中で唯一平凡な(と自分では思っている)歩は振り回されっぱなしの日々だったが…。

ベタだけどそれがよい学園青春コメディ。
「勇馬くんの〜」が前日譚にあたります。

おもしろかったしほのぼのしたけれど、2巻はパンチが弱かったかなぁ。1巻のがおもしろかった。
会長もおとなしかったし、事件らしい事件もなかったしなぁ。
変人に振り回される平凡に見せかけた非凡、という構図が好きなので、そっち方面でもっと振り切れてほしかったかなぁ。

学生時代でなければ出会えない種類の人間って居て、その仲間といつまでもツルんでいられるって幸せだなぁ、と思います。

歩くんの〇〇な日々(1) (アヴァルスコミックス)
鈴木有布子
マッグガーデン (2011-05-14)



*2012年読了本*

小説 18冊
ライトノベル 7冊
マンガ 8シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

武士道エイティーン

武士道エイティーン (文春文庫)
誉田 哲也
文藝春秋 (2012-02-10)
売り上げランキング: 536

「あたしは、今だって戦ってるんだよ。お前のいないあの場所で、鎬削って戦ってんだ」
               ……磯山香織

神奈川と福岡、それぞれの道を歩きはじめた香織と早苗。
気付けば高校生活最後の一年を迎えていて―…?

最終巻というかエピローグかな。
最後の一年、最後の対決を描きつつ、周囲の人々の心境・過去も明らかになります。

二人に関してはホントにもう多少の迷いはあっても基盤が出来上がっているので落ち着いたかんじ。
あまりハラハラさせられることもなく、強くなったなぁ、としみじみしてしまいました。
とくに香織は心身ともにすごく成長して。
まぁ、まだまだ不器用で鈍感ですけど、愛嬌レベルかな、と。

個人的には早苗のおねーさんがすごい好きです。
いい女だなぁ、と思う。いい人と出会ってほしい。

たぶんわざとなんでしょうが、桐谷先生や吉野先生の過去の壮絶さに、現代ってホントに平和なんだなぁ、と思ってしまった。
とくに桐谷先生のは…あの時代、そういうこともあったんだろなぁ。


*2012年読了本*

小説 18冊
ライトノベル 7冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

ロートケプシェン、こっちにおいで

ロートケプシェン、こっちにおいで
相沢 沙呼
東京創元社
売り上げランキング: 135732

「魔法を信じてもらうには、まずはこちらが相手を信じなくてはいけません。疑い深い心で向き合っていても、見えるのは暗闇の中の鬼ばかりですよ」
               ……十九波

マジシャンを目指す酉野に片思いする「僕」。クリスマスに告白したものの、二人の距離は変わらなくて―…。

マジックと日常の謎な学園ミステリ2巻。
今回はかなりイマイチだったかも。。
少なくとも対人関係で落ち込んでるときに読むべきじゃなかった、かな。

なんというか、主人公含め、どいつもこいつも自分勝手で、まぁ人間誰しもそんな部分はあるんだろうけれど。
弱さとか汚さとかのせいにして、誰かを傷つけていいわけじゃない。
その分、酉野のキレイさは際立ったけど、なんだかなぁ、と。

最後に救われるべきは「あたし」ではなく「ユカ」だろうに、そっちへの救済はないんだもんなぁ。
被害者でもあるけれど、圧倒的に加害者である「あたし」を許すまでには気持ちがついてかなかったです。

マジックをからめたミステリはおもしろかったし、バレンタインの話はかなり好きだったんだけどなぁ。


*2012年読了本*

小説 17冊
ライトノベル 7冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

開かせていただき光栄です


「ゆえに、もっと多くの屍体を我々に」
               ……ダニエル・バートン

中世イギリス、ロンドン。
ダニエルの解剖学教室で見つかった正体のわからない二つの遺体。
それらが語る「真実」とは―…?

解剖というより中世イギリスの裁判制度と社会、がメインかな。
中盤の推理はなんだったのかと言うくらい終盤はひっくり返されまくりでした。

不正と不平等が当たり前の社会では、正義すらこんなに残酷にしか叶えられないのか、と。

死体が語る真実は一つだけれど、人が秘める真実の姿は幾重にも変わる。
どれも嘘じゃないのに、曖昧で不確か。

エドとナイジェルがダニエルを慕っていたのも真実だけれど、どこか憎んでもいたのかなぁ。
すくなくとも歯痒くはあったんだろうなぁ。

文庫化したら絶対読み返そうと思います。
なんかいろいろ新しい発見がありそうだ。


*2012年読了本*

小説 16冊
ライトノベル 7冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

赤き騎士と黒の魔術師

赤き騎士と黒の魔術師 (ルルル文庫)
みどう ちん
小学館 (2012-01-26)
売り上げランキング: 13839

「どうか民を救って下さいませ!民を守るあなたのことは、このビビアナが守ります!」
               ……ビビアナ

熱血で体育会系な女性騎士ビビアナに与えられた初任務は人嫌いでひきこもり、良からぬ噂のある魔術師ユハの護衛で―…?

ラブコメというよりは主従?
ひたすら頑張り屋な女の子と、過去のトラウマからひきこもる魔術師。

魔物を巡る事件やなんやは深刻で凄絶なんですが、二人の交流がなんともほのぼのほっこりでした。
ちょっとずつほだされていくユハがなんともかわいく、私の天使!と迷わず断言するビビアナがなんとも微笑ましい。

というかユハ様の勘違いな気遣いがかわいおもしろかった。
それに、そもそも傷つけられ、傷つくことを恐れながらも、大切な人が守りたかったものとはいえ、人々を守ろうとしていたユハは強い人なんだと思うんですよね。

脇役達も、主役二人も悪意みたいなのがほとんどなくて気持ち良く読めました。

良い意味でビビアナがおじいちゃん大好きな孫!みたいなかんじでよかったです。


*2012年読了本*

小説 15冊
ライトノベル 7冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

身代わり伯爵の婚前旅行2 狙われた花嫁

身代わり伯爵の婚前旅行  II狙われた花嫁 (角川ビーンズ文庫)
清家 未森
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-01-31)
売り上げランキング: 1039

「リディエンヌさまが笑顔で結婚式の日を迎えられるように、最善を尽くすわよ!」
               ……ミレーユ

ジークとリディエンヌの結婚式を控えたアルテマリス王宮。シアラン大公妃として認められるようはりきるミレーユだったが、国宝の宝石が盗まれ―…?

久々のアルテマリス王宮。
なつかしの面々も勢揃いの一冊でした。

よーやくの結婚式、再会。
シアランがやはり陰謀やらなんやらでキナくさかった分、アルテマリスは平和よのぅ、という空気がかなりありました。

今回はセシリア様メイン、だったのかな。
相変わらずお可愛らしいツンデレっぷりでした。
でもフレッドはかなりおとなしかったかなぁ。

楽しいのは間違いなく楽しい。
でもまぁやっぱり話としては落ち着いてしまった感が強くて、後日談的なんですよね。
あまり蛇足にならないあたりで完結してほしいなぁ。


*2012年読了本*

小説 15冊
ライトノベル 6冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

月のさなぎ

月のさなぎ
月のさなぎ
posted with amazlet at 12.02.18
石野 晶
新潮社
売り上げランキング: 378260

「性別では変えられないものが、人の中心にはあるんですよ。その部分が揺らがなければ大丈夫なんだって、わかりました」
               ……小麦

「成人」するまで性別が確定しない病気にかかった子供たち「月童子」。
免疫力の弱さから隔離されて育つ彼らの恋とは―…。

ミステリ風味のSFのようなファンタジーのような学園もののようなお話。
幻想的でありながら、生々しいかんじでした。

カイの真相にはああ納得、と思ってしまいましたが、ただカイと空のやり取りはもう少し違ったほうがよかったかなぁ、と。
空の子供らしい残酷さではありますが、カイの孤独とよりどころのなさを理解できるのは空だけなのになぁ、と。

空パートが幻想的すぎたのと、薄荷パートが痛々しすぎたので、小麦のごく普通の少年少女と変わらぬ様子にほっとしました。




*2012年読了本*

小説 15冊
ライトノベル 5冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

災獣たちの楽土 雷獅子の守り

災獣たちの楽土1 - 雷獅子の守り (C・NOVELSファンタジア)
尾白 未果
中央公論新社
売り上げランキング: 328770

「わしは雷獅子ぞ!かかさまの仇は許さぬし、この国も手放さぬ!お前ごときに手出しも口出しもさせぬわ!」
               ……閃

災いを引き起こす神獣、災獣が大陸を守護する世界。
しかし雷獅子が支配する神槌の国は国主が雷獅子を殺し、薙古の国の支配下にあり―…。

正統派ファンタジー。
主人公カップルがなんとも可愛かった。

敵国による支配から脱出しようとする抵抗勢力を描いたお話ですが、災獣、という存在が良くも悪くも人々に大きな影響を与えている様が、なかなかおもしろかった。

人間の事情と災獣の事情。
二つがうまく絡み合って、うまく展開してたなぁ、と。

ただまぁ全体通して瑞雨が気になってしかたなくて、エピローグで影すらなかったのが心配。
結局一番傷つき、苦労していたのは彼なわけで。
緋乃人と一緒に穏やかで幸せな暮らしをしていてくれればいいなぁ。


*2012年読了本*

小説 14冊
ライトノベル 5冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

3月の購入予定

3月の購入予定です。

購入予定コミックス
03/05 赤髪の白雪姫 7/あきづき空太(花とゆめコミックス)
03/05 狼陛下の花嫁 6/可歌まと(花とゆめコミックス)
03/05 ヴァーリアの花婿/あきづき空太(花とゆめコミックス)
03/19 スキップ・ビート! 30/仲村佳樹(花とゆめコミックス)
03/19 暁のヨナ 8 /草凪みずほ(花とゆめコミックス)
03/19 ただいまのうた 4/ふじもとゆうき(花とゆめコミックス)
03/24 ハイガクラ 5/高山しのぶ(IDコミックス/ZERO−SUMコミックス)

購入予定文庫
03/17 眠れない悪魔と鳥籠の歌姫 (仮)/瑞山いつき(一迅社文庫アイリス)
03/01 王立エトワール近衛隊 氷の薔薇に敬礼を/栗原ちひろ(角川ビーンズ文庫)
03/01 リーディング 司書と祈りの魔本/隼川いさら(角川ビーンズ文庫)

ちょっと三月は少なめかなー。
posted by ASKA at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

倒立する塔の殺人

倒立する塔の殺人 (PHP文芸文庫)
皆川 博子
PHP研究所 (2011-11-17)
売り上げランキング: 51294

「わたしたちは、切り花なのだ。空想―あるいは物語―という水を養いにしなくては枯れ果ててしまう」
               ……三輪小枝

大戦中の女子高と女学院を舞台に少女達は恋をする。
チャペルで亡くなった憧れの先輩、手記と手書き小説、倒錯した想いの行き着く先は―…。

作中作と作中作中作と本編とが絶妙にからんだミステリでした。

時代と舞台設定的にこうならざるを得ないだろうというくらい倒錯的で退廃的。
閉じた輪の中ですべて完結する世界に生きる「切り花」達。
自立したいと望んでいた上月律子や七尾杏子も、地に足つけたかんじはなくって。

ごく一般的な思考をもっているのはベー様くらいなもので、あとはふわふわ幻想の中にいるようなお嬢様ばかり。
戦中はそういう子がいた最後の時代だったのかもなぁ。

犯人?と呼んでいいのか、なあの人はこんな時代でなければここまで歪まなかったろうに、と思う部分と、こんな時代だからこそここまで生きてこれたのだろうな、と思う部分があって。
なんだか悲しくも綺麗なものを見たなぁ、と。

桜庭一樹さんとか好きな方はけっこう好きなんじゃないかなぁ、という印象です。


*2012年読了本*

小説 14冊
ライトノベル 4冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

彼女の涙が雪だとしたら


「だけどもう、あいつと居れば笑えるんだろ?」
               ……透吾


「告白されるなら雪の日がいい」――好きな女の子の、そんなささやかな夢を叶えようとした透吾は、木から落ちて四年昏睡状態に。
目が覚めたとき、彼女のそばには別の人がいて…?

ほんのりせつなく、ほんのりあったかい短編集。
硝子細工みたいな繊細な雰囲気だなぁと思います。

新人さんらしい粗削りな部分もたくさんあるんですが、丁寧に描かれてるなぁ、と思います。

甘いだけじゃない苦い経験をバネにきっともっと素敵になってくんだろうなぁ、と思える若者ばかりで、よい一冊でした。


*2012年読了本*

小説 13冊
ライトノベル 4冊
マンガ 7シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

大嘘スウィング

大嘘スウィング (花とゆめCOMICS)
辻田りり子
白泉社 (2012-02-03)

「嘘つかないで生きていけるのなんて佐伯くらいだなと思って」
               ……百瀬

ごく平均的な女子高生、百瀬。
どこまでもマイペースなかつてのクラスメート佐伯と再会し、いつしか好きになってしまうのだが…。

辻田さんらしい皮肉の効いた、でも可愛らしいお話でした。

嘘をつかずに生きるってかなり難しくて、悪意のないささやかなものから誰かをおとしめるものまで、ありとあらゆる嘘をつきながら生きている人が大半。
そんな中、よくもわるくも本音だけで生きている佐伯は、たしかに遠巻きに見てる分にはいいけどお近づきにはなりたくないタイプだなぁ。
まぁもっと面倒なのはおにーさんだけど(笑)

他のお話もほどよく笑えてほっこりできる良い一冊でした。


*2012年読了本*

小説 13冊
ライトノベル 4冊
マンガ 6シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

蒼のラプソディア

蒼のラプソディア (花とゆめCOMICS)
小椋アカネ
白泉社 (2012-02-03)

「海図は渡さない。折角手に入れた宝の地図だからな」
               ……クレイン

大海賊を父にもち、彼から託された海図を海賊達に狙われる少女。
彼女が潜り込んだのは、やはり彼女の海図を狙う、けれどどこかお人よしな海賊達の船で―…?

短編集。
表題作以外はわりと初期の作品です。

表題作はヒロインの可愛さもなかなかでしたが、やはり見せ方が上手いなぁ、と。
海図のシーンははっとしました。
何かを守る覚悟を決めた少女は強くてかっこいい。

他の作品だと、紅色狂騒曲がわりと好みなラブコメ具合でした。
あの変人なお相手役、好きだ。


*2012年読了本*

小説 13冊
ライトノベル 4冊
マンガ 5シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

コルセットに翼 全10巻

コルセットに翼 10 (プリンセスコミックス)
もと なおこ
秋田書店 (2012-01-16)

「だったら持って生まれた良い部分を生かせばいいと思う」
               ……クリスティン

小さな島で育ったクリスは唯一の肉親である父を亡くし寄宿舎にいれられることに。
想像と違った過酷な環境に混乱するクリスだったが―…。

第一次大戦前のイギリスを舞台にした、一人の少女が自立した女性になるまでのお話。

自身の出生に始まり、鍵と天使と秘密の庭というキーワードで絡まっていくクリスとミスターバード、ラファエロ。
負い目をもつゆえに秘密を隠しつづける大人達。
その真相はなんとも悲しい。
愛するがゆえに閉じ込めて、愛しているけれど自由になりたくて。
誰かを愛することのエゴ、罪。
そこには純粋な思いしかないからこそ、なんとも切ない。

コルセットでしめつけ型に嵌められた少女達が見つけ、目指した未来。
その明るさと反対に過去に囚われたままの大人達の闇。
彼らもまた、幼い頃に型に嵌められてしまった人間なのかなぁ、と。
抜け出せないまま歪んでしまっただけで。

花開く途中の少女たちのみずみずしさ、それを囲む大人達の優しさと愚かさ、守るものを見つけて強くなっていく少年たち。
歴史の先を思うと彼らにはまだまだ大変な世界が待っているとはいえ、過去の悲劇にとらわれず飛び立った若者達が切り開く未来はきっと、まばゆいものだろうな、と思わせてくれるラストでした。

好きな女を自由にさせてやれる余裕のある男ってかっこいいなぁ、と最後のリアム見てると思います。

とはいえ、個人的にはミスターバードとクリスにくっついてほしかったので、終盤のミスターバードの結婚には衝撃でした。
落ち着いてみれば、まあどちらもしっくりくるカップルだし、そしてあの事実を思えばしかたがないのだけれども、前半さんざん盛り上げてからのあの展開はなかなか…。




*2012年読了本*

小説 13冊
ライトノベル 4冊
マンガ 4シリーズ
そのほか 0冊
映画 0本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

1月の続刊系漫画感想

1月の読書メーター
読んだ本の数:55冊
読んだページ数:11489ページ
ナイス数:188ナイス

岳 (3) (ビッグコミックス)岳 (3) (ビッグコミックス)
山には人生が詰まってるんだなぁ。押し花はホロリときた。
読了日:01月02日 著者:石塚 真一
岳 4 (ビッグコミックス)岳 4 (ビッグコミックス)
山の番人のおばちゃん素敵ー。
読了日:01月02日 著者:石塚 真一

岳 5 (ビッグコミックス)岳 5 (ビッグコミックス)
ソムリエのおねーさん素敵。
読了日:01月02日 著者:石塚 真一
岳 6 (ビッグコミックス)岳 6 (ビッグコミックス)
牧さん渋くてかっけぇ。
読了日:01月02日 著者:石塚 真一
岳 7 (ビッグコミックス)岳 7 (ビッグコミックス)
三歩のかつての遭難話はファンタジーだなぁ。山にはまだそういうこともあるのかも。
読了日:01月02日 著者:石塚 真一
岳 8 (ビッグコミックス)岳 8 (ビッグコミックス)
レスキューの人達って私生活をこんなに犠牲にしてんだなぁ。。
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
岳 9 (ビッグコミックス)岳 9 (ビッグコミックス)
出会いは一期一会、写真をとり続けるおじさんのエピソードがよかった。
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
岳 10 (ビッグコミックス)岳 10 (ビッグコミックス)
阿久津がんばった!
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
岳 みんなの山 11 (ビッグコミックス)岳 みんなの山 11 (ビッグコミックス)
山登りって、命懸けの『趣味』なんだよなー。『冬支度』エピソードのナオタの一言が染みた。
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
岳 12 (ビッグコミックス)岳 12 (ビッグコミックス)
ザックと三歩の友情は男っぽくて良いなあ。あと青木さんイケメンー。
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
岳 みんなの山 13 (ビッグ コミックス)岳 みんなの山 13 (ビッグ コミックス)
山が転機になる、非日常だからこそ日常を見直すきっかけになるんだなぁ。
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
岳 みんなの山 14 (ビッグ コミックス)岳 みんなの山 14 (ビッグ コミックス)
最後のティートンの話かわええ…!
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
岳 15 (ビッグ コミックス)岳 15 (ビッグ コミックス)
急展開。。どれほどの事故を、死を見てきても身近な仲間のそれは違うんだなぁ。
読了日:01月03日 著者:石塚 真一
八潮と三雲 4 (花とゆめCOMICS)八潮と三雲 4 (花とゆめCOMICS)
ああもう可愛いなぁ。三雲の一途さと八潮さんの渋さにニヤニヤする。伽六とのいざこざ、どんな言い訳を用意して乱入してくるのかなぁ。
読了日:01月04日 著者:草川為
ラストゲーム 1 (花とゆめCOMICS)ラストゲーム 1 (花とゆめCOMICS)
これは続き読みたくなるわ…。柳がステキにアホかわいくて顔面がゆるむ。
読了日:01月04日 著者:天乃忍
もちもちの神様 3 (花とゆめCOMICS)もちもちの神様 3 (花とゆめCOMICS)
両思いだなって言っておいてくっついてないの??と混乱させられつつの高校生編スタート。
読了日:01月04日 著者:森生まさみ
夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)
的場、名取、夏目。それぞれの理由あっての今の立ち位置なのかもなぁ、と。しかし夏目の来訪に慌てる名取はまるきり乙女のソレだな(笑)
読了日:01月04日 著者:緑川ゆき
学園ベビーシッターズ 2 (花とゆめCOMICS)学園ベビーシッターズ 2 (花とゆめCOMICS)
ベビーズのかわいさに癒される。鷹と隼の兄弟も微笑ましい男兄弟ってかんじだよなぁ。
読了日:01月08日 著者:時計野 はり
学園ベビーシッターズ 3 (花とゆめCOMICS)学園ベビーシッターズ 3 (花とゆめCOMICS)
これは恋愛展開遠そうだ。。クラスメイト女子かわいいのになー。にしても、理事長のピリ辛ツンデレは巻を増すごとにいい保護者になっていってすごい。
読了日:01月08日 著者:時計野はり
学園ベビーシッターズ 4 (花とゆめCOMICS)学園ベビーシッターズ 4 (花とゆめCOMICS)
男子ズがあいかわらずなまま、女子が熱くなってきた!しかしみんなピュアだわ。そして犀川さんステキ(笑)
読了日:01月08日 著者:時計野はり
それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS)それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS)
話はやっぱり好き。べただけど可愛らしい。あとはやっぱり画だなぁ。
読了日:01月09日 著者:椎名橙
せつげつか (花とゆめCOMICS)せつげつか (花とゆめCOMICS)
話の雰囲気がやっぱりすごく好き。少し退廃的で透明で切ない。各話の番外編がまたステキでした。
読了日:01月09日 著者:モリエサトシ
ゆかりズム 2 (花とゆめCOMICS)ゆかりズム 2 (花とゆめCOMICS)
そう来たか…。ほのぼの恋愛の裏で明らかになる過去世が重い。
読了日:01月09日 著者:潮見知佳
七つのくるり(1) (KCx(ITAN))七つのくるり(1) (KCx(ITAN))
戦国?ファンタジー。曲さん良かったねぇぇ!しっかし、菫丸は美しいです。
読了日:01月09日 著者:潮見 知佳
ばらかもん(5) (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(5) (ガンガンコミックスONLINE)
田舎でのほのぼの生活。しかし気になるところで続いてくれるなぁ…
読了日:01月09日 著者:ヨシノ サツキ
池袋13(IKBサーティーン) (花とゆめCOMICSスペシャル)池袋13(IKBサーティーン) (花とゆめCOMICSスペシャル)
なんかいろいろ気になるところが残りすぎてどうしていいのか…!頑張る女の子達はほんとかわいいなぁ。
読了日:01月09日 著者:モリエサトシ
A・D-天使の嘘- (ゼロコミックス) (リブレコミックス)A・D-天使の嘘- (ゼロコミックス) (リブレコミックス)
表紙のイメージと違って軽めのノリのコメディ風味。りくとがかわいい。貴族二人のマイペースさが好きです。
読了日:01月13日 著者:あき
A・D-天使の嘘 2 (ゼロコミックス)A・D-天使の嘘 2 (ゼロコミックス)
思いのほか鉱山話が長い…というかこれが本筋になるのか。米山とジグの不憫さもますますパワーアップして、このゆるいかんじすごい好きだなぁ。
読了日:01月15日 著者:あき
妖狐×僕SS(6) (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(6) (ガンガンコミックスJOKER)
なんか蜻蛉がすごく好きなんだが…(笑)ギャップ萌えってやつか。。
読了日:01月15日 著者:藤原 ここあ
KEY JACK TEENAGE EDITION 1 (ボニータコミックス)KEY JACK TEENAGE EDITION 1 (ボニータコミックス)
本編を読む前に読んでしまった。。合間に挟まれる本編での彼らとのギャップが気になる。とくにリンな。人と異なる力を持ったがゆえの苦しみをいっそ利用してやろうとする若者たちは清々しい。
読了日:01月15日 著者:潮見 知佳
LOVE SO LIFE 9 (花とゆめCOMICS)LOVE SO LIFE 9 (花とゆめCOMICS)
直くん不憫…(笑)しかしおじいちゃんおばあちゃんが優しそうで複雑…。詩春は辛いとき笑う子なんだよなぁ。
読了日:01月22日 著者:こうち楓
ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)
団体戦開始。ライバル達も舞もかっけぇなぁ!そして梅園学園チームの演奏は次の巻。待ちきれないー。
読了日:01月22日 著者:羅川 真里茂
紅心王子(11) (ガンガンコミックス)紅心王子(11) (ガンガンコミックス)
だいたいアヤトのお話。アヤトは一途でいい子…。しかしファンタジーパートは話がややこしいのぅ。。
読了日:01月22日 著者:桑原 草太
緋色の椅子 1 (白泉社文庫 み 4-3)緋色の椅子 1 (白泉社文庫 み 4-3)
文庫化をお待ちしておりました!かつて王になると村を去った少年に会うために王都にやってきた少女の物語。ルカはいったいどうしてしまったのか、続きが気になる。
読了日:01月28日 著者:緑川ゆき
緋色の椅子 2 (白泉社文庫 み 4-4)緋色の椅子 2 (白泉社文庫 み 4-4)
ルカという少年と巡る物語でもあり、セツという少女をめぐる物語でもある。誰かにとっての仇が誰かにとっての愛する人である、という話だったんだなあ。ルカの願いが切なかった。
読了日:01月28日 著者:緑川ゆき
2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
posted by ASKA at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。