2011年12月30日

三銃士〜王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船〜

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (竹書房文庫)
アレクサンドル・デュマ原作 アレックス・リトヴァク原案・脚本 アンドリュー・デイヴィス原案・脚本 クヌート・コアー著
竹書房
売り上げランキング: 78112

「one for all, all for one」
               ……ダルタニアン&三銃士

銃士になるべく、故郷を旅立ちパリへやってきた青年ダルタニアン。
そこで出会ったのは、酒に溺れるかつての英雄達、三銃士で…?

良質なエンタメでした。

各キャラクターの位置付け、性格がわかりやすく、ほどよく恋愛要素があり、アクションが派手で、展開が痛快。

負けて落ちぶれていた人達がまたはい上がる…というよりやる気を取り戻す、ってやっぱいいなぁ、と。
教訓とか感動!とかじゃなく、楽しい二時間を過ごせる、という意味で映画の醍醐味を感じさせてくれたな、と思います。

フランスとイギリスを舞台に陰謀やらなにやらが渦巻く中、わりと無茶苦茶にすべてを解決していく三銃士もダルタニアンもかっこよかったし。
元聖職者な三銃士がすさまじく好みな顔でドキドキした(笑)

個人的には王妃の、気弱そうに見えて意外としっかり者に見えてやっぱり気弱なのがよかったかなー。
健気というか、演じてる女優さんも決して美人さんじゃないけど、なんだかどんどん可愛く見えて。
王様をいいかんじに導いてくれそうな気がする、良妻賢母な女性になりそう。

リシュリューはともかく、バッキンガムは今回あっさり出し抜かれて終わりで、拍子抜けだったのですが、あのラストで全部持って行ったなぁ。
あれは続編あるってこと、でしょ?
楽しみです。


*2011年読了本*

小説 130冊
ライトノベル 69冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 15本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

神様のカルテ2

神様のカルテ 2
神様のカルテ 2
posted with amazlet at 12.01.03
夏川 草介
小学館
売り上げランキング: 1886

「先生は、医師である前に人間です。そのことだけは忘れないでください」
               ……進藤辰也

信州の総合病院であいかわらず多忙を極める一止。
ハルが桜の撮影で家を空けている頃、かつての友人、進藤が東京から赴任してくる。だが、彼はどこかおかしくて…?

日本人はマジメで働きすぎで、ニートやらなんやらはその反動なんじゃ…?、なんて思えてしまう一冊でした。

誰かの犠牲の上でしか成り立たない医療制度はたしかにおかしい。
ただ、一止も進藤もどちらも間違ってはいなくて、だからこそ、難しい話で。
医療従事者だって人間なんだものなぁ。
読んだタイミングが三十時間連続勤務した矢先だったので、なんとも複雑な気持ちになってしまった。

古狐先生の人生は多少短かったかもしれないけれど、満足いくものだったのでは、と思う。
ただ、遺された奥さんを思うと、寂しい、やるせない気持ちになってしまう。

ただ、間違いなく病院スタッフが皆プロ意識を持っている信州総合病院はすごい、と思う。
働いていることを、仕事を、良心に恥じない、って意外と難しいと思うので。。

お話自体はありふれたような物語だけれど、信州の空気と、まっすぐな人々がすごく優しい。

あと一巻以上にハルさんがかわいくてすてきなおくさんでした。
うちの嫁にほしい…!


*2011年読了本*

小説 130冊
ライトノベル 69冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

双界幻幽伝〜二人は一触即発?!〜

双界幻幽伝 二人は一触即発! (ビーズログ文庫)
木村千世
エンターブレイン
売り上げランキング: 20012

「おまえを連れ歩いて楽しいと思うのが悪趣味だって言うんなら、俺は悪趣味でいい」
               ……蒼刻

太子・天祥とともに故郷にある幽鬼が出ると噂の古城を訪れた朧月たち。
お互い意識しあってぎくしゃくする二人。しかも天祥の様子がどこか変で…?

ひきこもり公主と無愛想武官の中華ファンタジー三巻。

朧月と蒼刻はお見合いやらなんやらですれ違いっぱなし。
蒼刻は甘さの面で、朧月はヘタレさの面で、無自覚でコレじゃ、自覚したらどうなるんだか、と。
楽しみ半分不安半分。

太子もいろいろわけありげで、ここに情報屋さんやおねーさんの恋愛事情もからんでくる、のかな?
張宝とも絡んでるならあまり良い展開はなさそうだけど。。

今回の新キャラ、とくに不玄はなんとも和みキャラでした。
もふもふに囲まれた最強武人とかステキだ。
というか実はこのシリーズもふもふ分高いよなぁ。

しかし展開がキナくさくなってきたのが心配。
朧月みたいな世間知らずのヘタレに乗り越えられるのか。


*2011年読了本*

小説 129冊
ライトノベル 69冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

双界幻幽伝〜宿敵は神出鬼没!〜

双界幻幽伝 宿敵は神出鬼没! (ビーズログ文庫)
木村 千世
エンターブレイン
売り上げランキング: 136582

「わたしの知ってる幽鬼のみなさんも、口を揃えて言っていました。家族や大事な人が自分のことを思い出すときは、笑顔がいい。生きている人たちの悲しい記憶にはなりたくない。一緒にいて楽しかったと笑い飛ばしてもらうのが理想だって――」
               ……朧月

再び蒼刻とともに王都を訪れた朧月。
キョンシーを使った盗賊行為を繰り返す黄巾賊をとらえるために、あちこち連れ回されるが…?

ひきこもり公主と無愛想武官のお話、第二巻。
シリーズ通しての敵だろう張宝との初遭遇です。

ひきこもりでヘタレなのは相変わらず、無自覚にラブラブなのも相変わらず。
今回はちょっとシリアス強め、で蒼刻さんはいろいろ踏んだり蹴ったりな巻でした。

はたからみたら友情に違いないのに、当人達に自覚がないってのはよくある話ですが、失ってからの自覚はやはり切ない。。
戦なんてものはやはり悲しみしか生まないんだなぁ、と。

ただ、張宝はどうも何が目的なのか読めないかんじ。権力とか欲しがりそうにないけど。
黄巾賊ときくとまんま三国志を思い出すので、いまいち緊迫感がないんですが(主に無双のせい/笑)

個人的に新キャラがナイスでした。アホかわいい。
あとにーさま最強で嬉しかった。にーさまはもっと活躍していいと思う。

*2011年読了本*

小説 129冊
ライトノベル 68冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

藤陵学院の花嫁〜万葉の桜と雷の太刀〜

藤陵学院の花嫁  万葉の桜と雷の太刀 (角川ビーンズ文庫)
西本 紘奈
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-11-30)
売り上げランキング: 14472

「なにがどうなるかわかんないけど、私は、とにかくがんばるって決めたんだから!」
               ……広瀬真十

ごく平凡な女子高生、真十の生活は、父親が謎の大金を残して失踪したその日から一変する。
わけもわからぬまま、カンナギとカンラギの戦いに巻き込まれる真十だったが―…?

奈良を舞台にした学園ファンタジー。
といっても地方色はあまりありません。

ヒロインの性格、ポジションはだいたい前シリーズ『アリアで始まる聖譚曲』と同じ。
平凡だけど前向きで頑張り屋、そして逆ハーレム。
キャラ的には好きなタイプだけど、ここまで同じってのは珍しいなぁ、と。

でもまぁ、変にヒネた子供より、素直に頑張る主人公のほうが応援のしがいはあるんですよね。
だから、素直に楽しめる一冊ではありました。

お相手役や取り巻く脇役は雰囲気違いますし、設定も和風なんで、話としてはちゃんと別物として楽しめますし。
個人的には三輪センセのデレが大変楽しみでしかたない。

裏がありそうな昂と、俺様なのに不憫な気配のする史のこれからには興味シンシンです(笑)
あとは今回は一巻だったので甘さ控えめだったので、こっからどー甘さ増量してくるかな、という部分が楽しみ。


*2011年読了本*

小説 129冊
ライトノベル 67冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

トキオカシ

トキオカシ (富士見ミステリー文庫)
萩原 麻里
富士見書房
売り上げランキング: 913859

「たとえどんな結末が用意されていたのだとしても、人間は自分の意志で選び抜いた生を全うすべきだわ」
               ……観池眞名

一定の年齢になると体の時が巻き戻る呪いを受けた一族、時置師の眞名と、瞬間記憶能力を持つ少年誠一。
『対』である二人が出会い、時置師をめぐる謎が動き出して―?!

驚くほど主人公達が傍観者だった。。

設定的には切ない悲しいかんじなのに、妙にそれが伝わらないというか、軽いというか。
ほっとくと年齢が巻き戻る、とかかなり深刻な話のハズなのに、いまいち緊迫感がないというか。

かといってコメディとわりきるほどには弾けてない。

キャラもテンプレ、真相もありがちで、設定の斬新さがいまいち活きてない、かなぁ。
残念ながら黒幕の書いたシナリオ通りに動いただけ、なんだよなぁ、と。

続きを読むかは悩ましいです。
次で打ち切りっぽく終わってるみたいだし。。

*2011年読了本*

小説 129冊
ライトノベル 66冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

緑ヶ丘小学校大運動会

緑ヶ丘小学校大運動会
森谷 明子
双葉社
売り上げランキング: 180667

「最後の運動会だもん、自分だけのこだわりって奴がほしいじゃん。こういうのは楽しんだほうが勝ちだぜ」
               ……イッキ

緑ヶ丘小学校の運動会。
慌ただしくも、ごく平凡な一日のはずのその裏でうごめく思惑とは…?

太陽の照りつける運動会、といういたって『陽』の場所でひそやかに進められる陰謀。
家族モノかと思っていたらガッツリしたミステリでした。
おもしろかったです。

大人達が全然子供で利己的で、子供達がずっと大人で。
家族の形の、問題の多様さと同じくらい、その対比が印象的でした。

薬、ダイエット、嫁姑問題に、虐待、家庭不和。
狭いながら子供達の世界は複雑。
友情も恋も勉強も、うまくいくことばかりじゃない。
でも、だからこそ、彼等が何かをやり遂げた時の笑顔は眩しいものだよなぁ、と。

いっそ、自分の家庭のことさえ考えていればいいと言える―実際、その浅さゆえに罠にはまった『リーダー』達のほうが薄っぺらい世界に生きてるんじゃないかなぁ。

後味は実はあんまり良くない―というかじわじわゾクゾクくるかんじなんですが、オススメです。


*2011年読了本*

小説 129冊
ライトノベル 65冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

浜村渚の計算ノート

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)
青柳 碧人
講談社 (2011-06-15)
売り上げランキング: 284954

「これは、私たち人類が悪魔と交わした、数学史上最も重要な約束の一つです」
               ……浜村渚

数学を筆頭に基礎科目が軽んじられるようになった日本で、数学の権威復興を謡い人々を脅かしはじめたテロ組織『黒い三角定規』。
その対策本部の秘密兵器は、中学二年生の天才数学少女で―…?

奇抜な設定と意外とシリアスな事件、そのわりにどこかのほほんとした雰囲気のお話でした。

犯人とキーとなる数学、事件がうまくリンクしていておもしろかった。
ゼロの悪魔はとくに上手い。

好きなものを否定されるってイヤだよなぁ、と思いつつ、そのために他者を傷つけるような行為をしては再度愛されるはずもなく。
そこが論理的じゃないんだよなぁ、と。
そのあたり、ドクターピタゴラスがどう計画を立てているのか、気になります。


*2011年読了本*

小説 128冊
ライトノベル 65冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

恋のドレスと花ひらく淑女


「俺は、朝起きたらきみがいて、仕事をして、毎晩ローストビーフを食べて、抱き合って眠ることができればいい。だが、それは最低限だ。ほかに何もいらないとはいわないよ」
               ……シャーロック

シャーロックと婚約し、リーフスタウンに戻ったクリス。
ジャレッドに右手を使えなくされた母リンダを案じながら、薔薇色を再開させたクリスだったが…―。

闇のドレスとのアレコレも片付いて、今回はほぼエピローグ。
ようやくアルフによって、クリスとシャーリィに道が示されましたね。
シャーリィはよく我慢した。というか、アントニーはよく我慢させた(笑)

しかし、クリスとパメラがリーフスタウンで薔薇色にいてくれるとほっとします。
特に、パメラは元気に働いているのが一番かわいい。
そしてラストシーンのバーンズ夫人になんかほっこりしてしまった。
二人が着実に頑張ってきた結果得た、武器の一つなんだなぁ、と。

コーネリアとビアード、ジャレッドとアディル、リコとアイリス、リンダとクリス。
人と人の関係は様々で、ただ、どれにも確かに意味があって。
悪意と善意のように、敵と味方のように、愛と憎しみは紙一重なんだなぁ、と思います。

クリスとシャーリィがハッピーエンドにたどり着くなら、それは周りが道を踏み外さぬよう、支えてくれてたからなんだろなー。

というわけで、シリーズもあと二冊。
本編の裏で動いているっぽいパメラの恋がすごく気になります。


*2011年読了本*

小説 128冊
ライトノベル 65冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

星間商事株式会社社史編纂室

星間商事株式会社社史編纂室
三浦 しをん
筑摩書房
売り上げランキング: 60160

「いや、これまでの人生の過半数の年月がオタクなんだから、もはや同人誌は趣味なんかじゃない。人生そのものよ!」
               ……幸代

商社の片隅、社史編纂室で働く幸代はいわゆる『腐女子』。
プライベートの大半を同人誌作りに費やす彼女だったが、課長にその趣味がバレたために妙なことに巻き込まれて…?

腐女子と同人誌と会社の秘密。
ほどよくリアルでほどよくファンタジーな、しをんさんらしい話だなぁ、と思います(笑)

趣味も仕事も恋も!なんてなかなか難しい話で、要領がそこそこよくっても時間が足りない〜、となりがち。
そのあたり、働く女子としては激しく共感です。
正直、多少閑職でも、趣味に時間を割きたい派です。

ただ、面白かったけど、中編か短編くらいでまとめた方がスッキリしたんじゃないかなぁ。
あまり山場らしい山場もなかったので、ゆるゆる終わってしまったような印象。

あとは腐に耐性がないと作中作がNGかも。
個人的には課長の作品がウケました。設定が自由すぎる。


*2011年読了本*

小説 128冊
ライトノベル 64冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

ボックス!

ボックス! 上
ボックス! 上
posted with amazlet at 11.12.11
百田 尚樹
太田出版
売り上げランキング: 11407

「でも、あの子はボクシングの強さを簡単に手に入れすぎたのよ。たいした苦労も、努力もせんと、ね。だからあっさりと捨てられたのよ」
               ……高津耀子

天才型と努力型。二人の幼なじみの少年は、それぞれのやり方でボクシングの頂点を目指すが―…。

ボクシング部を舞台にした高校生の青春もの。
ただ、部活系青春ものに期待していた爽快感はあまりなかったかなぁ。
南野や丸野のエピソードはすごくよかったけど。。

鏑矢の幼さはまだ堪えれたけれど、耀子がどうも受け付けなかった。
教師なのに大人げなさすぎるというか、高校生と悪い意味で思考レベルが対等というか。
なのに妙に上から目線だし…と。

まぁリアルな教師なんてあんなもんなのかもしれないですけどね。
それがメインキャラでチヤホヤされてるのがどーにもダメでした。

たぶん地元が舞台な分、余計にダメだったのかも。
身内のダメな部分つきつけられてるみたいで。

ただ、木樽は良かったかなぁ。
ストイックに練習し、自らを鍛える姿はかっこよかった。
弱さを克服して、精神的にも強くなった彼はきっと幸せになるんだろうなぁ。

ボックス! 下
ボックス! 下
posted with amazlet at 11.12.11
百田 尚樹
太田出版
売り上げランキング: 8623


*2011年読了本*

小説 127冊
ライトノベル 64冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

麗しの婚約者にご用心

麗しの婚約者にご用心: ご主人様なシリーズ (ルルル文庫)
宇津田 晴
小学館 (2011-11-25)
売り上げランキング: 4119

「私がその気になれば、後をついて行くどころか、あんたなんてあっという間に追い越してはるか後方に置き去りにしてやるんですからねっ!」
               ……カヤ

世界をまたにかける大商人になる夢をもつカヤに訪れたチャンス。しかしそれを掴むためには、イジワルで腹黒な幼なじみの婚約者のフリをしなければならなくて…?

王道系ラブコメ。
『ご主人さまはご機嫌ナナメ』と同じ世界を舞台にしたお話ですが、続きものと言うほどではないので、これ単独でも十分読めます。

雰囲気はかなり違いますが、前作同様、「しっかりもの系働く女子」と「振り回してるようで振り回されてる青年」のお話。
実はヒロインに惚れ込んでいるが素直になれないお相手役にひたすらニヤニヤさせられました。
かわいいカップルでした。

夢を叶えたい!幼なじみに追いつきたい!とひたすら努力を続けたヒロインはえらい子だなぁ、と思います。
「やりたいこと」より「やるべきこと」を優先させれるのはすごい。

そっちに感心してしまったせいで、甘さより清々しい読後感が。
あと昔ながらのオークションって雰囲気が好きなので、それも楽しかった。

あとおじいちゃんわかりやすすぎて笑いました。あと孫がわかりやすく残念。

しかしアロイス、いったい何者なんだ…花盗人同盟って何さー!(笑)

*2011年読了本*

小説 126冊
ライトノベル 64冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

三千寵愛在一身

三千寵愛在一身 (コバルト文庫)
はるおか りの
集英社 (2010-10-01)
売り上げランキング: 199588

「ならば泣いてやろう。されど、妾をなだめるは、そなたの役目じゃぞ」
「名誉ある仕事だ。他の誰にも譲りたくない」
               ……桜霞&理鷲

戮王と恐れられる理鷲のもとに嫁いだ絶世の美貌を持つ公主、桜霞。
すれ違いながら距離を縮める二人だったが、やがて桜霞が呪いに倒れ―…。

中華ラブコメ。シリアス風だけど、これはコメディだなー、残念な意味で。
個人的に恋愛しか見えてないタイプの恋愛小説は苦手なので、設定は好みだったけど、合いませんでした。

ヒロインにベタ惚れな王様はかわいかったけれど、それだけっつーか。
ヒロインが感情に振り回されすぎの自由気まますぎで、美人なのと絵がうまいのはわかったけど他は?となってしまい、あまり楽しめなかった。

脇役とか最後に出てきた「小説書きたいから後宮出ません」って女の子とかは良かったんだけどなー。
宰相さんとこの馴れ初めとか気になるし。

小難しい単語をちりばめられているわりに浅いというか、薄い、というか。
ヒロインがただの小娘のまま終わってしまったのが、なんだかすごく残念だったんですよね。
内容的にガッツリやられたらやられただけ疲れたかもですが。。

ただ軽くて甘いものが読みたいの!っていうなら良いのではないでしょうか。
読みやすいのは間違いないです。


*2011年読了本*

小説 126冊
ライトノベル 63冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

コンビニたそがれ堂 星に願いを

コンビニたそがれ堂 星に願いを (ポプラ文庫ピュアフル)
村山 早紀
ポプラ社
売り上げランキング: 18361

「だからね、この花束も、きっと何かの優しい魔法の力で、この店に届いたものなんですよ。わたくしは、そう信じることにします」
               ……鳩子

町の片隅にふと現れる不思議なコンビニ。そこには訪れた人がほんとうにほしいものが売っていると噂で…―。

第三弾。
優しくて、すこしせつなくて、あったかいお話三編収録です。

少女の初恋。
喫茶店のマスターのある一日。
ある青年の正義の味方としての一日。

初恋はほのぼの、喫茶店はせつなくて、ヒラタマンはほっこりしました。
たそがれ堂の、全力で問題解決してくれるわけではなく、そっと背中を押してくれる距離感はやはり素敵。

今回、少しだけ明らかになった風早の町のなりたちと、風早三朗の伝承。
風早三郎がたそがれ堂で町の人達を見守っているのは、やっぱり深い愛情ゆえ、なんだなぁ、と。
そんな愛情で再興した町だからこそ、隣人が他人でなく身内で、思いやりを当然のように持っている人ばかりの、素敵な町なのかなぁ、と思います。


*2011年読了本*

小説 126冊
ライトノベル 62冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

恋の呪文ラブラブカタブラ 全2巻

恋の呪文 ラブラブカタブラ 1 (B's-LOG COMICS)
綾瀬 マナ
エンターブレイン

『これからも先も同じようにこの手を離さなければ、僕たちはきっともっとすごいところへ行けるんだ』
               ……津田内ほずみ

人嫌いのクラスメイト、津田内の秘密を知ってしまった凜子。
惹かれあう二人だが、それを許さない事情があって…?

呪文を体内に抱える「魔法使い」の一族、その中でもとりわけ強い力を持つほずみと、まったく一般人な凜子。
青春学園ラブファンタジー、なカンジかな。
でもファンタジー要素はオマケで、基本的には特別ゆえに孤独だった少年の初恋物語、なのだと思います。

敵役であるところの先生が残念すぎるキャラだったため、最後は拍子抜けな終わり方でしたが、ほのぼのとかわいらしいお話で、満足でした。
なんでもできそうなくせに、実は不器用な男の子っていいですよねー。

あと凜子が気持ちのいい性格してたのもよかった。カラっと爽やかな性格で、話を暗くしすぎないでくれて。

でも少し物足りないというか駆け足?だったので、もう一冊くらい続いてくれてもよかったのになぁ。

恋の呪文 ラブラブカタブラ 2 (B's-LOG COMICS)
綾瀬 マナ
エンターブレイン



*2011年読了本*

小説 125冊
ライトノベル 62冊
マンガ 43シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

サイズ12はデブじゃない

サイズ12はでぶじゃない (創元推理文庫)
メグ・キャボット
東京創元社
売り上げランキング: 179359

「ずっと前から、あなたに言いたかったことがあるの。サイズ12は――でぶじゃないわ」
               ……ヘザー

元ポップスター、今は『アメリカ人女性の平均サイズ』サイズ12のニューヨーク大の副寮母であるヘザー。
大家であり元婚約者の兄のクーパーに想いを寄せるも実りのなさそうな気配を嘆く日々を送る中、寮生がエレベーターから転落し…。

『プリティプリンセス』の原作者が送る大人の女性のためのコージーミステリ。

主人公が清々しいほど頭からっぽで、でも憎めない女性でした。
なんというかウジウジしてるわりに妙にポジティブ、というか。

かつての栄光へのコンプレックスも今の体型への言い訳もクーパーへの片思いも裏切られっぱなしの過去も、結構辛いものなのに、カラッとしてるんですよね。
脳天気というか、まぁ現実逃避ともとれますが。

愛すべき友人、ではあるんだろうなぁ。
ほっとけないのはなんかわかる。

事件の犯人とのやりとり、結末を見ると、欧米で問題になっているらしい、ティーンの痩せ信仰への警鐘でもあるのかな、と。
私はその人がその人らしくあれるのが1番だとは思いますが、綺麗でいようと努力する姿勢は尊敬してしまうんだよなぁ。
とはいえ、肥満大国でもあるアメリカで、平均、は危険ですよヘザー。
次巻ではサイズアップしてるらしいけど、どうなってるのやら。


*2011年読了本*

小説 125冊
ライトノベル 62冊
マンガ 42シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

2012年1月の購入予定

もう2012年なんですねー。早いです。。。

購入予定コミックス

01/04 天乃忍 『ラストゲーム1』(白泉社)
01/04 草川為 『八潮と三雲4』(白泉社)
01/04 緑川ゆき 『夏目友人帳13』(白泉社)
12/01 森生まさみ 『もちもちの神様3』(白泉社)
01/16 もとなおこ 『コルセットに翼10(完)』(秋田書店)
01/20 こうち楓 『LOVESOLIFE9』(白泉社)
01/21 桑原草太 『紅心王子11』(スクウェア・エニックス)
01/26 藤間麗 『黎明のアルカナ9』(小学館)
01/27 きゆづきさとこ 『棺担ぎのクロ。〜懐中旅話〜3』(芳文社)

棺担ぎのクロが無事でるかが最大の関心ごとです。出るのか!?今度こそ出るのか・・!?

文庫購入予定
12/27 榎木洋子 『ウミベリ物語 守龍見習いの危機』(コバルト文庫)
12/27 響野夏菜 『鳥籠の王女と教育係 魔王の遺産』(コバルト文庫)
12/28 三川みり 『シュガーアップル・フェアリーテイル銀砂糖師と黄の花冠』(角川ビーンズ文庫)
12/28 睦月けい 『首の姫と首なし騎士いわくつきの訪問者』(角川ビーンズ文庫)
01/04 村山早紀 『海馬亭通信』(ポプラ文庫ピュアフル)

文庫気になっているもの
01/04 瀬尾まいこ 『戸村飯店青春100連発』(文春文庫)
01/04 加藤実秋/著谷原秋桜子/著野村美月 『紅桃寮の七日間』(ポプラ文庫ピュアフル)
01/17 青柳碧人 『浜村渚の計算ノ−ト2さつめ ふしぎの国の期末テスト』(講談社文庫)
01/28 道尾秀介 『龍神の雨』(新潮文庫)

浜村渚〜は1作目を積んだままなのでそれ次第、かな。
道尾さんは他にもいろいろ読みたいがなかなか手が出せず。。。

既読文庫化
01/25 沢村凜 『黄金の王 白銀の王』(角川文庫)

これ重たいけど、おもしろかったー。
posted by ASKA at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

11月の続刊系漫画感想

11月の読書メーター
読んだ本の数:44冊
読んだページ数:9070ページ
ナイス数:201ナイス

プレ マリ(2) (講談社コミックスフレンド B)プレ マリ(2) (講談社コミックスフレンド B)
うーん、ラブコメにしたって軽いなぁ。。
読了日:11月02日 著者:上田 美和
プレ マリ(3)(完) (別冊フレンドKC)プレ マリ(3)(完) (別冊フレンドKC)
ある意味期待通りの大団円。でも恋を頑張る女の子はかわいい。
読了日:11月02日 著者:上田美和
好きって言わせる方法 2 (マーガレットコミックス)好きって言わせる方法 2 (マーガレットコミックス)
理解は出来ないけど友達にはなってみたいタイプ。ある意味揺るぎなくておもろいし、裏表ないし、かわいい。
読了日:11月02日 著者:永田 正実
好きって言わせる方法 3 (マーガレットコミックス)好きって言わせる方法 3 (マーガレットコミックス)
ハルちゃんのイケメンっぷりがすてき。この懐の大きさは高校生とは思えない。
読了日:11月02日 著者:永田 正実
ヴァンパイア騎士(ナイト) 13 (花とゆめCOMICS)ヴァンパイア騎士(ナイト) 13 (花とゆめCOMICS)
カナメの過去編。そういう入れ代わり方だったのか。。優姫が前向きに動いてくれはじめたのが救いか。
読了日:11月10日 著者:樋野まつり
ヴァンパイア騎士(ナイト) 14 (花とゆめCOMICS)ヴァンパイア騎士(ナイト) 14 (花とゆめCOMICS)
またカナメ様がなんかやらかしはじめた……藍堂先輩や優姫が泣くような展開にならなければいいけど、大丈夫かなぁ??
読了日:11月10日 著者:樋野 まつり
ヤマトナデシコ七変化 (27) (講談社コミックス別冊フレンド)ヤマトナデシコ七変化 (27) (講談社コミックス別冊フレンド)
あいかわらずのノリとテンション。でもたみこの話は素直に可愛くて胸キュンした、かな?
読了日:11月10日 著者:はやかわ ともこ
僕達は知ってしまった 11 (フラワーコミックス)僕達は知ってしまった 11 (フラワーコミックス)
思春期ですなぁ。
読了日:11月10日 著者:宮坂 香帆
僕達は知ってしまった(12) (フラワーコミックス)僕達は知ってしまった(12) (フラワーコミックス)
あ、ナツメちゃんそっちなんだー。
読了日:11月10日 著者:宮坂香帆
岳 (1) (ビッグコミックス)岳 (1) (ビッグコミックス)
映画を見たので。三歩の笑顔はあったかいなぁ。
読了日:11月13日 著者:石塚 真一
岳 (2) (ビッグコミックス)岳 (2) (ビッグコミックス)
けっこう容赦なく亡くなるなぁ。山は素晴らしいけど恐いものだ。
読了日:11月13日 著者:石塚 真一
君に届け 13 (マーガレットコミックス)君に届け 13 (マーガレットコミックス)
風早くんの両親への挨拶、夏休み、海、そして修学旅行へ!初々しい二人の青春にニヤニヤするしかない。
読了日:11月13日 著者:椎名 軽穂
リミット(4) (講談社コミックスフレンド B)リミット(4) (講談社コミックスフレンド B)
サバイバルというよりサスペンス。極限状態が続くなぁ…。ハルが悲しい。
読了日:11月13日 著者:すえのぶ けいこ
リミット(5) (講談社コミックスフレンド B)リミット(5) (講談社コミックスフレンド B)
こんな状態じゃなければ。追い詰められていなければ。。。日向の秘密があんな内容だとは…。
読了日:11月13日 著者:すえのぶ けいこ
ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)
辛くも勝利、そして決勝戦!かなちゃんはやはりいい子。クイーンもこれで何か変わるのか?
読了日:11月13日 著者:末次 由紀
裸足でバラを踏め 8 (マーガレットコミックス)裸足でバラを踏め 8 (マーガレットコミックス)
昼ドラまっしぐら。望さん恐い。おもろい(笑)望さんの暴走を止めるのは純なのか…?しかしキリっとした純は美人だなー。
読了日:11月17日 著者:上田 倫子
黎明のアルカナ 8 (フラワーコミックス)黎明のアルカナ 8 (フラワーコミックス)
そっち方面の話が進むとは。ロキ、健気だなー。ナカバは全体的にまだまだ弱々しいのでもうちょい強くなってほしいな、かわいいけどさ。
読了日:11月17日 著者:藤間 麗
うちのポチの言うことには 4 (花とゆめCOMICS)うちのポチの言うことには 4 (花とゆめCOMICS)
園ちゃんの過去が悲しかった。。花織はおバカだけど優しい、人を救える子なんだなぁ。そして次巻のツンデレメガネに期待!
読了日:11月18日 著者:橘裕
GATE7 2 (ジャンプコミックス)GATE7 2 (ジャンプコミックス)
はなはもちろん、政宗がかわええ。有名ドコロばかりだし今のところわかりやすいけど、こっからどうなるかなぁ?
読了日:11月19日 著者:CLAMP
本屋の森のあかり(10) (KC KISS)本屋の森のあかり(10) (KC KISS)
ようやっと杜三が自覚?したのに〜〜〜、このすれ違いは辛い。しかしあかりが働く女性として将来を考えて迷って進んでいく姿はかっこいいです。あかりも少しずつでも「変わった」んだなー。
読了日:11月20日 著者:磯谷 友紀
俺様ティーチャー 12 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 12 (花とゆめCOMICS)
新キャラがまた変な奴でもう!にやにやが止まりません。
読了日:11月23日 著者:椿いづみ
暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)
まさかここでスウォンが来るとは…!ヨナが知らない何か、がまだありそう。しかしほんとジェハが好みすぎるわ―。あとアオ!かわいすぎる!
読了日:11月23日 著者:草凪みずほ
絶園のテンペスト(5) (ガンガンコミックス)絶園のテンペスト(5) (ガンガンコミックス)
帯の通り、ラブコメモード継続中。姫様がとてもかわいくてニヤニヤする。姫様以外はシリアスなんですけどね。しかしまだ全貌が見えないなー。
読了日:11月27日 著者:城平 京
スキップ・ビート! 29 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 29 (花とゆめCOMICS)
あいかわらずテンポはゆーっくり、だけど読んでて楽しいし先が気になるのでやめられない。BJ編はあんまりひっぱらない?かな?今回はラブコメ分多めですが、敦賀さんは意外におとなしかったかなー。
読了日:11月27日 著者:仲村 佳樹
PandoraHearts(16) (Gファンタジーコミックス)PandoraHearts(16) (Gファンタジーコミックス)
ええええええ!!!???以外の感想が…最後で全部ふっとんだ。それ反則っていうか辛い。ほんと作者に言いように振り回されてるわ。。。
読了日:11月27日 著者:望月 淳
緋の纏 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
ようやくいろいろ明らかになってきた、かな。周囲の思惑がいろいろ怖く、かつ切ない予感。。。いつまでもく組で平和に、とはいかないんだろうな。しかし静一郎の若いころは衝撃だった。ナイフみたいにとがってたのね。。。(違
読了日:11月27日 著者:乾 みく
<
dear 新装版(5) (ガンガンコミックスJOKER)dear 新装版(5) (ガンガンコミックスJOKER)
このあとにハッピーエンドが待っているのだと思いたい、が、それにしてもこの巻は辛い。ちるははもっと自分の幸せも願ってほしい。それがきーちゃんのためでもあるんだから。。。しかし表紙の色気がハンパない。
読了日:11月27日 著者:藤原 ここあ

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
posted by ASKA at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

暁の文 乾みく短編集


「お前がっ、お前が先に言ったんじゃねぇか…『家族になろう』って……」
               ……カラス

過去の人間を呼び出すタイムマシンを発明した父をもつ正は、ある日誤って信長の従者として有名な少年、森乱丸を呼び出してしまい…―?

『緋の纏』の乾みくさんの短編集です。

個人的には表題作より、ベタな内容だけど悪魔の少年と恋人をなくした青年の話がよかったかなー。
誰かがそばにいてくれることで癒される傷はたしかにあるんだろうと思う。
正体がわかった上で出会いのシーンを見ると、あぁたしかに『必然』だったんだ、としみじみしました。

表題作はなんで友達になったのか、が弱くて、ちょっと置いていかれた感が。
あと乱丸がなんで蘭丸じゃないのかが気になりすぎてしまって。
唐突で不完全燃焼なかんじが残ったかなぁ、と。

姉妹の話は二話とも普通、だったかなぁ。
可愛かったけども。
バンパイアの話も可愛かった。

あと『緋の纏』の読切り版はノリも変わらずで良い話でした。
普通に番外編として読んでも違和感ないかも。


*2011年読了本*

小説 124冊
ライトノベル 62冊
マンガ 42シリーズ
そのほか 2冊
映画 14本
※マンガは完結・短編集のみカウント、上下巻はセットで一冊扱い
posted by ASKA at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。